清原翔&岡崎紗絵&小川紗良、『アライブ』撮了に「生きる幸せを実感」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の松下奈緒が主演、木村佳乃が共演するフジテレビ系『アライブ がん専門医のカルテ』(毎週木曜 後10:00)。主人公・心(松下)が働く腫瘍内科の研修医・結城涼役の清原翔、同じく研修医・夏樹奈海役の岡崎紗絵、その腫瘍内科で治療を受ける乳がん患者・佐倉莉子役の小川紗良が、19日の最終回を前にクランクアップを迎えた。

【写真】『アライブ』で主演を務める…白の可憐なワンピースで美脚を披露した松下奈緒

 同ドラマは腫瘍内科医の恩田心(おんだ・こころ/松下)と消化器外科医の梶山薫(かじやま・かおる/木村)の女性医師2人がタッグを組み、“がん”に立ち向かっていくメディカル・ヒューマン・ストーリー。

 本作では、清原ら若い世代が腫瘍内科の先輩医師たちや、がんサバイバーたちとの関わりの中で成長していく姿が印象的だった。最終回では、研修期間が終わろうとしている結城と岡崎の決断が描かれる。そして、がん治療を続けながら人生の新たな“生きがい”を見つけていく佐倉と、次第に距離を縮めてきた結城の2人の関係は…。

 最初にクランクアップを迎えたのは岡崎。最後のカットを撮り終え、スタッフからオールアップの声が上がると、盛大な拍手とともに松下から花束が贈られた。松下のサプライズ登場に「びっくり! うれしいです!」と大喜びしながら松下らと抱き合った。岡崎は「奈海は『小児科か腫瘍内科か』と進路に悩みますが、私としては『すぐに腫瘍内科にします!』と言いたくなるくらい医局の雰囲気が大好きでした。私自身も“お芝居の研修生”のような気持ちで、先輩たちの下でたくさん学ばせていただきました」と感謝していた。

 続いてクランクアップを迎えた清原と小川の最後の撮影は、2話以来の私服で登場するシーン。小川は最後のカットを撮り終えると、監督から花束が贈られた。小川は「莉子は最初、乳がんについての本を読んだりして不安を抱えていましたが、夢を持って恋もして民代さん(高畑淳子)と楽しくお話をして、とても豊かな時間を過ごさせていただきました」とコメントした。

 続く清原はオールアップを伝えられるとガッツポーズ。すると、花束を持った松下がサプライズで登場し、驚く清原に花束を贈った。清原は「せりふが少なく、とても難しい役だと思っていましたが、最後まで楽しんで演じることができました。皆さんのおかげで“結城涼”ができあがったと思います。今、このドラマのメッセージでもある、“生きる幸せ”を実感しています」とあいさつした。

 いよいよ19日に最終回を迎える本作。心と薫は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で再発が判明。その告白を受けた心は、2人で乗り越えようと誓い合う。しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。一方、心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしているが、薫の件もあり心は答えることが出来ない。2人の女性医師、そしてそれぞれの医師たちに、変革と旅立ちのときが訪れようとしていて…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事