すーぱーそに子に扮した美ボディ美女 フロリダで培った「人を楽しませる活動をしたい」が活動の原点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ番組や雑誌のグラビアページでも特集を組まれる機会が増え、“誰でも気軽に楽しめる趣味”として、幅広い層に浸透してきた感があるコスプレ。その魅力は、ウイッグや衣装を用意して好きなキャラクターになりきり、作品の世界観に没入できるところにあるという。今回は、外資系企業で働きながらコスプレイヤーとして活動している松谷琉優さんにインタビューを実施。今後の展望なども語ってもらった。

【画像】爆弾ボディを包んだシースルードレスほか、高クオリティコスプレ!

■「東京ディズニーランドでアルバイトがしたい!」という一念から、地元の名古屋から関東の大学に進学

――職歴が非常にユニークですが、コスプレをするようになった経緯も含めて、順に教えていただけますか?

【松谷琉優】大学卒業後に1年間、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで働いていたのですが、そこでダンサーやパフォーマーの人たちと仲良くなり、たくさんの“Magical moment”を共有させてもらいました。彼女たちと接しているうちに「私もパフォーマーとして人を楽しませるような活動をしたい」と思うようになりました。その後日本に帰り、自分にできることを考えた結果、もともと好きだったコスプレ活動を突き詰めてみようと思い。コスプレに没頭するようになりました。

――もともとアニメやコスプレに興味があったのですか?

【松谷琉優】海外に行くまでは、話題のアニメをちょっとかじっている程度の知識量でした。学生時代はとにかくディズニーが大好きで、「東京ディズニーランドでアルバイトがしたい!」という一念で、地元の名古屋から関東の大学に進学したくらいです。

――進学の理由が“東京ディズニーランドでのアルバイト”というのは独特ですね。

【松谷琉優】上京してからすぐ面接を受けて、4年間働かせてもらいました。そこで、ハロウィンシーズンに仮装を楽しんでいたお客さんたちと接したことが、コスプレに興味を持つきっかけになったのかもしれないですね。でもたぶん、卒業してすぐに日本で就職していたら、コスプレをこんなに頻繁にしていなかったかもしれません。アメリカに行って“人を楽しませることをしたい”という感情が芽生えたことが、現在の活動に大きく影響していると思います。

――そうして活動を始められて、今やフォロワー10万人越えの人気コスプレイヤーですが、これほどまでに支持される理由は、ご自身では何だとお考えですか?

【松谷琉優】調べてみたのですが、私の場合は特に「この写真をアップしたからバズった」ということがなくて。毎日欠かさずツイートし続けていたら、自然とフォローしてくださる方が増えていた、という感じですね。普段からコスプレ写真だけでなく、制作中の衣装の写真などもアップしています。

■原点は、アメリカでの体験で培った「人を楽しませる活動をしたい」という気持ち

――ツイートを拝見したところ、既存のアニメキャラの衣装だけでなく、オリジナルのコスプレ衣装も多数制作されていますが、それらはどういった経緯で作られるようになったのでしょう?

【松谷琉優】人気レイヤーさんのツイートを見ていると、ただ写真をアップするだけではなく、自分ならではの活動をして支持されている方が多いと感じました。そこで「私も何か、自分にしかできないようなコスプレ活動をしたい」と思ったのがきっかけです。

――好きなキャラクターになりきって世界観を楽しむ…というところがコスプレの醍醐味だと思うのですが、オリジナルのコスプレの場合、どういった点が魅力と言えるのでしょう?

【松谷琉優】キャラクターのコスプレは、衣装、ウイッグ、表情、ロケーションなどでいかにそのキャラクターを表現できるのかを楽しむ方が多いと思いますが、オリジナルのコンセプトコスチュームはそのすべてでいかに自分を表現できるのかを楽しむことができます。自分の得意な部位、私なら胸の形や下乳を魅せる衣装にしたり、自分の性癖を表現した衣装にしたりすることで自分らしさを届けられることが一番の魅力ではないでしょうか。今後オリジナルのコスプレがもっと盛り上がったらいいな、と思っています。

――最近は主に、どういったコスプレ活動をされているのでしょう?

【松谷琉優】自宅の一部屋を丸々、好きなインテリアを集めてスタジオっぽくしています。そこで写真を撮って、SNSに投稿する…というのが日課になっています。天蓋付きのベッドや学校机なども置いたりしています。内装そのものも好きなように変えられるので、家にいながらいろんなシチュエーションでのコスプレ撮影を楽しめています。

――ちなみに、キャラクターもののコスプレでは、やや露出度の高い衣装を着られることもあるようですが、衣装選びでこだわっているポイントはありますか?

【松谷琉優】特に意識はしていません。どちらかというと、いろんなコスプレをするより、ひとりのキャラクターをとことん極めたい性分だと思っています。そのためイベントに参加する際は、何度も試行錯誤を繰り返して頑張っているすーぱーそに子の衣装を用意することが高いです。露出の高いかわいい衣装が多いので、露出多めになってしまっています。

――イベントに参加される際は、よく他のレイヤーさんと“併せ”をされていますが、レイヤー友だちとは、どういった流れで親しくなるものなのでしょう?

【松谷琉優】レイヤーの友だちを作る方法は、いろんなパターンがあると思いますが、私たちの場合は“集まるべくして集まった”という感じですね。『コミックマーケット』にサークルを出展すると、同ジャンルのレイヤーはだいたい近くのエリアにまとめられるので。「あの子、かわいいな」と思ったら、お互いに自然と声を掛け合うようになっていました。なので私の周りには、そに子のコスプレが似合う、胸の大きい女の子が多いです(笑)。

――貴重なお話、ありがとうございます。それでは最後に、コスプレイヤーとしての今後の目標をお聞かせください。

【松谷琉優】アメリカでの体験で培った「人を楽しませる活動をしたい」という気持ちは、今も強く、心の中に残っていて、私の活動の原点です。そうした思いを実現させるためのツールのひとつが、私にとってはコスプレです。これからは自分が着るだけでなく、“自己表現をしたいしたいけど、そのための手段がわからない”という人たちをサポートする…という立ち位置でも、活動していきたいなと思っています。


取材・文=ソムタム田井

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事