松本人志、志村けんさん追悼「素晴らしいおじさん。ありがとうございました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたお笑い芸人の志村けんさんが29日午後11時10分、東京都内の病院で死去した。70歳。訃報を受け、ダウンタウンの松本人志(56)が30日、自身のツイッターを通じて「素晴らしいおじさん。ありがとうございました」と追悼した。

【写真】いしのようこ、志村けんとの肩組みショット

 「尊敬する芸人」として志村さんの名前をたびたび挙げてきた松本。きのう29日放送のフジテレビ『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)では「回復したときには、たばこをやめさせましょう。いまだに2箱吸ってるっていうんで」と心配しつつ「あんなハゲててね、ガールズバー、しょっちゅう行ってる。あんなハゲててね」と笑いを交えながら、志村さんの回復を願いエールを送っていた。

 志村さんは、1950年2月20日生まれ、東京都東村山市出身。付き人を経てザ・ドリフターズに加入後、『8時だヨ!全員集合』で「東村山音頭」などで人気を博す。“バカ殿様”、“変なおじさん”などの人気キャラクターも愛される、日本を代表するコメディアン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事