オカダ・カズチカ、志村さん訃報に沈痛「ずっとテレビで見てたので残念」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロレスラーのオカダ・カズチカが、4月5日からTOKYO FMで新番組『オカダ・カズチカSUNDAY RAINMAKER』(毎週日曜 前6:00)をスタート。30日、同局内で収録が行われたが、新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたお笑い芸人の志村けんさんの訃報が伝えられたことから、収録後の取材会で追悼した。

【写真】”レインメーカーポーズ”をするオカダ・カズチカ

 オカダは「本当に仕事でご一緒させてもらうことはなかったのですが、子どもの時からずっとテレビで見ていたので残念ですし、さみしい」と沈痛な面持ち。「たくさん笑わせてもらっていましたので、その分を僕たちがやっていくことなんじゃないかなと。芸人さんはみなさんを笑わせることになると思いますが、僕はプロレスラーなので。プロレスで子どもたちに夢を与えて、今回始まるラジオで元気を与えていく」と言葉に力を込めた。

 コロナへの対策については「手洗いうがいしかない。あとはしっかり寝て、それ以外何ができるかと言われたら、本当にわからない。やれることはやっていくということですね」とコメント。プロレス界にも大きな影響を与えているようで「3月の試合全部なくなりましたし、4月も延期が発表になっているものがあるので、だいぶ試合ができていないです」と現状を説明した。

 番組では、オカダのマイクパフォーマンスで繰り出されるフレーズ「3つ言わせてください」をもとにしたコーナー「オカダ・カズチカが朝から3つ言わせてください!」や、プロレス界の最新情報に加え、オカダが今イチオシの選手、プロレスの楽しい見方などを紹介する「これを聴けばプロレスの今がわかる!」などが行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事