朝ドラ『エール』公式ツイッターで志村さん追悼 収録シーンは「そのまま放送させていただく予定です」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたお笑い芸人の志村けんさんが29日午後11時10分、東京都内の病院で死去した。70歳。訃報を受け、志村さんが出演予定だったNHK連続テレビ小説『エール』(月~土 曜前8:00 総合ほか)は30日、公式ツイッターを更新。「志村けんさん、いつまでも新しいことにチャレンジする姿に、みな『エール』をもらいました。収録したシーンは、そのまま放送させていただく予定です。謹んでお悔やみを申し上げます」と追悼した。

【写真】朝ドラ『エール』公式ツイッターで志村さん追悼

 連続テレビ小説102作目となる『エール』は、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」などの応援歌の数々を作曲した、古関裕而(こせき・ゆうじ)さんと妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)さんをモデルに描く、音楽とともに生きた夫婦の物語。福島で生まれ、のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一を窪田正孝、のちに裕一と結婚する関内音を二階堂ふみが演じる。

 志村さんは、日本を代表する作曲家役で出演予定で、今月6日に収録に参加していた。最初の登場は5月1日放送予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事