『レンタルなんもしない人』駆け抜けて軽トラ、連ドラ初出演 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 増田貴久(NEWS)が主演するテレビ東京のドラマ枠「ドラマホリック!」の信作『レンタルなんもしない人』(4月8日スタート、毎週水曜 深0:12)の第1話より場面写真が到着。さらに、2話のゲストに平子祐希(アルコ&ピース)、毎話あるショートストーリーに増子直純(怒髪天)、お笑いコンビ・駆け抜けて軽トラ(餅田コシヒカリ・小野島徹)が出演することが明らかになった。餅田と小野島は連続ドラマ初出演となる。

【写真】ショートストーリーの増子直純、餅田コシヒカリ、小野島徹

 「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。」 “何かすること”が求められ続ける現代において、そう堂々と宣言しながら誕生した、不思議なサービスがある。何もしないにも関わらず、今もなお依頼が殺到している「レンタルなんもしない人」の“なんもしない”お仕事ぶりを初めてドラマ化する本作。

 第1話では、ただ1人分の人間の存在だけが必要なシーンで利用でき、ごく簡単なうけこたえ以外なんもしない、「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた森山将太(増田)の元に、大宮亜希(志田未来)から「東京最後の一日に付き合ってほしい」という依頼が舞い込む。亜希は出版社の編集部員だったが、契約を切られ、故郷の栃木に帰るのだという。東京で何の爪痕も残せなかった…と涙を流す亜希に“レンタルさん”は…。

 第2話のゲスト、岡山天音は「出社についてきて欲しい」と依頼するWEBディレクター・城戸隆志役。平子は有名WEBデザイナー・桐山役で出演。平子の持ちネタの“意識高い系IT社長・瀬良明正“を彷彿とさせるビジュアルも見どころとなっている。

 1話・2話のショートストーリーは、ついつい周りの目を気にしてしまう方の“あるある”が依頼内容。増子は1話で「一緒にクリームソーダを飲んでほしい」と依頼をする岡野役を演じる。昨年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』にも出演し役者としても活躍している増子。長年、周りの目を気にして飲めなかったクリームソーダを思いのままに味わう。ダンディーな見た目とは裏腹にクリームソーダを愛してやまない岡野のギャップ、“レンタルさん”と男二人、向かい合ってクリームソーダを飲む様子は必見だ。

 2話のショートストーリーで、「焼肉食べ放題に一緒に行ってほしい」と依頼する三村結子役を演じるのは、餅田(駆け抜けて軽トラ)。相方の小田島は3話に登場する。餅田も小野島も連続ドラマ初出演となる。

 餅田は「(焼肉の食べ放題に付いてきてほしいという)シチュエーションが自分の体験と被る部分があったので、気持ちが入り込んでしまいました(笑)。増田さんが撮影の際に気さくに話しかけてくださり、なおかつ優しくてリラックスできました」。

 小田島は「実は2時間ドラマの犯人の青年時代役をやったことがあります。その時、親族にも告知したのですが、放送を観たら顎のラインしか写っていませんでした。回想シーンだったので、まばゆい光の中に僕の顎のラインだけ写ってました。
今回こそ顔が写って、初作品となればと思います!」と、話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事