岡村隆史、水溜りボンドと初対面 YouTuberへの誤解が解ける?「いい人そう」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeチャンネル登録者数426万人(3月31日時点)を誇る人気YouTuber・水溜りボンドがパーソナリティーを務める、ニッポン放送『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週木曜 深3:00)が2日深夜よりスタート。直前に放送されている『岡村隆史のANN』(深1:00)の番組ラストにも出演し、パーソナリティーの岡村隆史と初対面を果たした。

【写真】『ANN0』の月曜を新たに担当するファーストサマーウイカ

 コンビ時代から数えると、今年で丸26年というANN史上最長の歴史を誇る『岡村ANN』だが、番組を前にして早くも岡村とリスナーから「ボンドさん」との呼び名で愛あるイジりを受けていた。2人はORICON NEWSのインタビューにこう語っている。「岡村さんの後にラジオをやらせていただくなんて、夢でも見られなかった夢ですからね。岡村さんとリスナーの方とのすごいやりとりは、僕らも参考にさせていただきたいです」(トミー)「僕らの動画に出ていただくっていうスタートじゃなくて、ラジオを通じてご一緒できるっていう、僕らが子どもの時から聞いていたプラットフォームでお会いできるのがすごく意味があることだなと感じています。もし、ご一緒できることがあればこれ以上ない喜びです」(カンタ)。

 そんな中にあっての初対面。岡村が「ちょっともう怖い」と言うと、ふいにチェーンソーのBGMが流れるという“演出”が。2人が「そんなことしてないです。振り回してないです」と必死に否定する中、岡村は「思っているよりなんか、いい人そうですね。まだ僕も信用した訳じゃないですけど、これから、YouTubeを見て勉強していかないと…」と歩み寄る姿勢を見せた。

 岡村が「ボンドさんのこれ見ておいてくださいっていう作品なんですか?」と向けると、2人は「ドッキリとかやっているんですけど。家作ったりしています」とコメント。岡村が「ちょっと勉強させていただきます。頑張ってくださいね」と呼びかけて『岡村ANN』が終了し、水溜りボンドの初船出となった。番組の模様は、放送後1週間「radiko」で聞くことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事