相葉雅紀&山瀬まみ、志村さんに涙の誓い 『どうぶつ園』継続への思い「目を閉じれば園長がいる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス肺炎のため先月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が“園長”を務めていた日本テレビ系バラエティー番組『天才!志村どうぶつ園 特別編』が4日に放送(後7:00)。“飼育係”の相葉雅紀、“秘書”の山瀬まみ、タカアンドトシ、ハリセンボン、DAIGO、滝沢カレンら、志村どうぶつ園メンバーたちが出演。来週の番組予告が放映される前に、山瀬と相葉が涙ながらに今後に向けての決意を語った。

【写真】ピンクのスカーフがトレードマーク!16年間園長を努めた志村けんさん

 冒頭では、相葉がひとりで「志村さんが亡くなられたことは、信じられませんし、受け止めきることができません。嫌です。悲しすぎます。志村さんの優しい笑顔が頭から離れません」と涙をこらえてコメント。「僕たちは志村さんに教えていただいたことがたくさんあります。そのひとつ。いつもみんなを笑顔に。志村さんが安心してお休みしていただけるように、きょうはみんなを笑顔にできるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」と呼びかけた。

 志村さんの番組作りでの演出術をスタッフが紹介するVTRが放映。相葉は「僕の気持ちとかも察して声かけてくれたりしたんですよ。僕だけお芝居のお仕事をもらえなかった時に、志村さんが僕に『焦るんじゃないよ、相葉くんには「志村どうぶつ園」があるよ。ドラマは3ヶ月で終わるけど、どうぶつ園はずっと続くから、オレが続かせるからね』って。すごく救われたことがありました。本当に動物に対する愛情もそうだけど、人への気遣いとか、そういう方だった」と涙をこぼした。

 すべてのVTRが放映され、出演者一同が涙を拭う中、山瀬が「きょうスタジオに来たら、本当に園長いないんだと思って『VTR見るの耐えられるかな』と思っていたけど、見ていたら心が救われていった感じがしました。会いたくなったらまた見ようって思いました。せっかく(どうぶつ園を)残してくれたんだから、改めてみんなでこれからも守っていきたいって思いました。頑張ろうね」と涙を流しながら決意。

 相葉も涙を流しながら「園長の周りにはたくさんの愛があって、本当はもっとその愛情に包まれていたかったですけど、でも目を閉じれば園長がいるので、だから僕は前を向きます。みんなを笑顔にできるように、これからも頑張っていきます」と誓った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事