中居正広、のんびりできずボヤキ「『だいじょうぶなかい』にすれば良かった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレントの中居正広(47)が、4日放送のニッポン放送『中居正広 ON & ON AIR』に、ジャニーズ事務所を退所してから初めて出演。個人事務所『のんびりなかい』を立ち上げたが「『だいじょうぶなかい』にすれば良かった。のんびりできないんだもん」と独立の難しさをボヤいた。

【写真】中居正広の退所に言及した稲垣&草なぎ&香取

 番組の冒頭、中居は「わたくし、代表取締役社長に就任しました。日本には420万人くらいの社長さんがいるので、その中の1人です」と報告。独立については「全然実感ないなあ。本当にヤバいんです。会社というか、オフィスみたいなのも決まってないし、オフィスができたら机とか買わないといけないし、電話もFAXも引かないといけない…」とやることの多さに自身でも驚きの様子だった。

 スタッフもこれから集めるといい「まずは経理さんだよねえ。あとはデスクですよね。まだ見つかってないから誰かやってくれないかな。信用できる人がいい。俺、誰も信用してないから」と悩みを打ち明けていた。

 中居は、今年2月21日に都内で記者会見を行い、所属していたジャニーズ事務所から3月いっぱいで退所することを発表。しばらくの間はジャニーズ事務所のマネージャーを窓口にしているそうで、「社員も誰もいない。マネージャーさんもいない。基本は1人で出て、どこの傘下に入ることもまったくない。全く1人です」と完全独立したことを明かしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事