井ノ原快彦率いる『特捜9』チーム、100万円獲得目指して奮闘「お弁当代にしたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・V6の井ノ原快彦が、8日放送のテレビ朝日系クイズ番組『くりぃむクイズ ミラクル9』(毎週水曜 後7:00)に、同日午後9時よりスタートする自身の主演ドラマ『特捜9 season3』の共演者・羽田美智子、田口浩正、宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)とともに出演する。井ノ原がキャプテンとなって、くりぃむしちゅーの有田哲平率いる『有田ナイン』に挑戦する2時間スペシャルを送る。また『ミラクル9』のレギュラーである大家志津香が『特捜9』第1話に出演することも発表。“コラボナイン”として井ノ原ら『特捜9』チームの一員となって、ともに勝利を目指す。

【番組カット】『特捜9 season3』第1話に出演する大家志津香

 番組では、取り調べ能力が試される『正体を探れ!取り調べクイズ』や、前回から始まった新コーナー『問題予想サバイバル2択』などのクイズでガチンコ対決を繰り広げる。過去『有田ナイン』に2勝2敗の井ノ原だが、100万円の獲得はなし。くりぃむしちゅーの上田晋也から「もし100万円が取れたら?」と聞かれると、「(ドラマ撮影中の)お弁当代にしたいですね」とキャプテンらしい頼もしい言葉で意気込む。

 そんな井ノ原とこれまで一緒に出場してきた羽田は、最近早朝から撮影という仕事が続いたらしく、すっかり朝型人間に変わってしまったとか。「おかげでこの時間がすごく眠たくて…」と本音をのぞかせ、後々まで上田晋也からイジられる事態に。2回目の出場となる田口は、撮影中は劇中でコンビを組む吹越満とずっと一緒に行動している、というエピソードを披露。普段の移動も田口の車で一緒に、というほどの仲良しぶりが明らかになる。

 初登場の宮近は緊張気味で、上田が「(Travis Japanの)川島如恵留くんは、ここでバク宙とかしてくれたけど」と話を振ると「いえ、バク宙はやっていないです。ゼロです」とグループのリーダーながらアピールは超控えめ。その後は上田から話しかけられるたびに個性的なコメントが飛び出し、周囲のメンバーを大いに沸かせた。

 井ノ原は「昨日から『ミラクル9』に出ているシーンが夢に出てきて…(笑)。自分たちが出るからにはみなさんに楽しんでいただかないといけないと思うのでプレッシャーもかかります」とキャプテンとしての責任感をのぞかせる。「今回は宮近がいい働きをしてくれました。田口さんも『クイズは苦手』とずっと言っていたんですが、『特捜9』だから頑張りますと言ってくれましたし。羽田さんは毎回一緒に出てくれるんですが、一生懸命やってくれてうれしいですね」とメンバーを讃(たた)えた。

 また、上田からドラマ初出演について聞かれた大家は「女優デビューしました」と満面の笑み。しかし「セリフは一言だけだったんですが緊張しすぎて…。コンサートと同じぐらい緊張しました」とか。役どころはダンスの先生だが役名はなんと「有田志津香」。これには有田が「勝手に使うんじゃないよ」と最初はツッコミを入れつつも「上田志津香よりはいいか」と切り返し笑いを誘う場面も。

 まさかの女優仕事に大家は「ドラマに出させていただくことは一生ないと思っていたので、お話をいただいた時はドッキリかなと思いました(笑)。でも、衣装合わせをやらせていただいて本当だと思い、一番に親に連絡しました」と振り返った。撮影では「座る場所に戸惑うほど緊張しました(笑)。皆さん、本番の直前まで談笑されているのに、本番になるとセリフをきっちり話されて。ドラマの現場はメーキングなどで見ているままで、カッコいいと思いました。私のシーンは1回でOKだったのですが、ダンサーの皆さんに指示をするセリフにはドキドキしましたね」と感想を明かした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事