生田斗真、シャア&アムロとCM共演「興奮冷めやらない状態」 辰巳雄大も出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の生田斗真が、人気アニメ『機動戦士ガンダム』とコラボレーションした就職・転職サイト『コグナビ』新CMに出演。シャア(声・池田秀一)と生田が共演する『そのスキルが武器になる篇(ジオン軍Ver.)』が4月9日から、アムロ(声・古谷徹)が共演する『そのスキルが武器になる篇(連邦軍Ver.)』が5月11日から放送スタートとなる。また、生田の同僚役としてふぉ~ゆ~の辰巳雄大も参加。生田は「自分自身がアニメーションになって、ガンダムの世界観に入れていただいて、アムロやシャアと共演する日が来るとは夢にも思っていなかったので、興奮冷めやらない状態でいます!」と熱く語った。

【動画】生田斗真、『ガンダム』とコラボでシャア&アムロとCM共演 新CM解禁

 『そのスキルが武器になる篇(ジオン軍Ver.)』は生田がジオン軍の兵士としてシャアと対面するシーン、『そのスキルが武器になる篇(連邦軍Ver.)』では生田と同僚役の辰巳の2人が連邦軍の兵士としてアムロと対面するシーンが登場。アニメのキャラクターデザインは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のOVAやテレビアニメで作画監督などを務めた、ことぶきつかさ氏が手掛けている。ディテールにこだわったジオン軍のパイロットスーツ、連邦軍の制服が用意され、生田は「こんな素敵な衣装まで着せていただいて、興奮冷めやりません!」と感激していた。

 CMの舞台となったのは、大勢のエンジニアたちが勤務するオフィスの一角。撮影は実際に都内にあるオフィスビルのフロアを借りてロケを敢行した。もともとはごく一般的な企業のオフィスだが、“ロボット開発部門のオフィス”という設定に合わせ様々な小道具が配置された。細部までこだわった小道具に生田と辰巳は興味津々で、プリント基板に乗った電子回路を手に取って、「こんなの(自分たちには)訳分かんないよね。すごいね、こんなの作る人たちって!」と感心しきり。

 そしてその中に紛れ込んでいるのがガンダムグッズの数々。小さなフィギュアや、赤いツノ付きの文房具、ジオン公国のエンブレム付きコーヒーボトルなど、「私物も投入しました」というガンダム世代の美術スタッフの遊び心が随所に散りばめられ、「意外と(ガンダムキャラクターが)いるんだよね」と、撮影の合間にも“隠れガンダム”探しに興じる生田と辰巳だった。

 『そのスキルが武器になる篇(連邦軍Ver.)』で、辰巳が「何もかもめちゃくちゃだよ…」、生田が「何やってんだろ、オレ…」とせりふを言う場面では、助監督がタイミングを間違えてカットの声をかけてしまうNGが発生。2人がきょとんとするなか、監督から「違う!」と訂正され、「すみません!」と平謝りの助監督。ヒヤリとしそうな現場で、生田は「何もかもめちゃくちゃだよ…」とつぶやくと、途端、スタッフは大爆笑。続いて辰巳が「何やってんだろ、オレ…って言わなきゃ!」と助監督を促すフォロー。2人の優しい気遣いで現場は和やかに進行した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事