“愛妻家”長友佑都、コロナ離婚に助言「笑った日々思い出して」 “かめはめ波”で例えも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優・平愛梨(35)の夫で日本代表DF長友佑都選手(33)が8日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの影響で、テレワークや外出自粛などで自宅にいる時間が増え“コロナ離婚”というワードがSNSなどで話題となっていることに言及した。

<Twitterより>「ありがとうのパワーかめはめ波より凄い」コロナ離婚について語る長友選手

 “コロナ離婚”は、夫婦で過ごす時間が増えるなど、生活環境が変わったことでストレスが溜まり、いつもよりケンカが増え、パートナーとの離婚を考える事態にまで発展しているような状況。

 この日、“愛妻家”としても知られる長友は「コロナ離婚増えてるらしいね」と切り出し「こんな状況でみんなストレス溜まると思うけど、一旦落ち着いて冷静になって、出会った時の気持ちやいっぱい笑った日々思い出して」とメッセージ。続けて「そしていつもありがとうって言ってみて。ありがとうのパワーかめはめ波より凄いから」と呼びかけ「効かなかったら違う技考えましょう。笑」と“切り返し”を提案した。

 長友と平は2017年1月29日に結婚し、18年2月に第1子となる長男が誕生。昨年8月に次男が誕生している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事