SUPER BEAVER、メジャーレーベルと再契約 6・10に約1年7ヶ月ぶりの新シングルリリース発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月1日に結成15周年を迎えた4人組バンド・SUPER BEAVERが8日、メジャーレーベルと再契約を結んだ事を発表し、前作から約1年7ヶ月ぶりのニューシングル「ハイライト/ひとりで生きていたならば」を6月10日にリリースすることを発表した。併せて新ビジュアル、ジャケット写真、そして新曲「ハイライト」のティザー映像も公開となった。「ハイライト」は4月10日より先行配信される。

【動画】公開された新シングル「ハイライト」ティザー映像

 本作は両A面シングルとなっており、表題曲「ハイライト」は疾走感あるロックサウンドに「人生に咲き誇るハイライトとなる瞬間をこれからも作っていこう」という、彼らからの宣言とも言える強い意志が込められている。もう1つの表題曲「ひとりで生きていたならば」は、6月12日に公開する中条あやみの主演映画『水上のフライト』の主題歌に決定しており、真っ直ぐな言葉にストリングスアレンジを加えたミディアムバラードに仕上がっている。

 さらに収録曲の「まわる、まわる」は約10年前のメジャー在籍時、最後にリリースしたアルバム収録楽曲のセルフカバー。初回生産限定盤には、特典としてライブ音源が5曲収録されている。

 メジャーレーベルとの再契約が発表されたのは、4月8日午後8時より、メンバーそれぞれの自宅から生配信された番組放送内。現在の状況の1日も早い収束を願い、バンドのプライベートな空間から少しでも元気な姿を届けたいというメンバーの気持ちから企画されたもので、バンドの公式YouTube、ツイッターで配信された。しかし配信直前にはドラム 藤原“31才”広明(Dr)が新型コロナウイルスに感染したことが発表され、心配の声が寄せられていた。番組は渋谷龍太(Vo)、柳沢亮太(G)が出演。渋谷は「藤原も上杉も、とっても元気です」と報告し、ファンを安堵(あんど)させた。またメジャー再契約を4人全員でファンに直接発表できなかったことを悔やんだが、ファンから祝福され涙ながらに喜んでいた。

 番組放送中に、事前収録されたインタビュー映像が流れ、10年以上前にメジャーデビューした時のこと、そこからインディーズとして活動し、バンドやスタッフをはじめとする仲間と共に歩んできた今日までの歩みをメンバー4人が振り返った。そして最後の締めくくりとして4人から「メジャーという場所に対してもう1回戻ろう」と強い面持ちで語られた。こちらの映像は15周年特設サイトにて観る事ができる。

 また渋谷とレーベルから意志表明文が発表された。全文は下記の通り。

■渋谷龍太の意志表明文
「俺たちの15年は、鼻で笑われたこと、出来ないと言われてきたこと、後ろ指差されたことの一つ一つを4人でやってきた年数。そして“4人でやってきたこと”イコール“4人だけでやってきたこと”ではないということをうれしいくらいに痛感した15年だ。
メジャーは一度落ちたら戻れないって、音楽続けることも難しくなるって、どこに行っても言われた。定説つくってくれてありがとう、気合入ったよ。
バンドドリームなんてどうでもいい。ドラマがやりたいんじゃなく、ドラマにしてきたしこれからもしていくのがスタンス。それがロマンってものでしょう。
メジャーデビュー否、再契約。
まだ手を取ることに躊躇(ちゅうちょ)していたなら、手なんか取らなかった。あなたとポップミュージック背負って、次は勝ちに行けると思ったんだよ。
これからもより一層、何卒よろしく」

■ソニー・ミュージックレコーズの意志表明文
「10年前に断腸の思いで離してしまったその手を、もう一度思いっきり伸ばし続けたら握り返してくれました。これから真心と誠意を持って、心を込めて4人の音楽をSUPER BEAVERを必要とする多くの“あなた”へ届けるお手伝いをしていきたいと思います」

■結成15周年インタビュー映像
https://youtu.be/YhEXmJkb3_M

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事