絢香&三浦大知、ファンらの意見を取り入れ新曲制作へ インスタグラムでメロディを公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌手の絢香と三浦大知が10日、自身のインスタグラムを更新。新曲「ねがいぼし」(仮)のメロディを公開し、ファンたちの願いやメロディを聴いて浮かぶ言葉を取り入れながら楽曲を制作していくことを発表した。

【動画】仮タイトル「ねがいぼし」を披露する絢香と三浦大知

 絢香は「ずっとおうちにいるよ」と外出を自粛をしているとし、「みんなと一緒にこの有事を乗り越えていかなきゃならないなかで、すこしでも思い出になる何かができたらと思ったんだ」と今回の取り組みを始めたきっかけを説明。また部屋に音楽が流れているだけで気持ちが楽になると明かし「そんな、みんなの毎日をちょっとでも支えられるような曲をみんなとつながりながら創れたらいいな。こうならないと生まれなかったものはきっと後から何か意味を持つはずだから…」と思いをつづった。

 歌詞はこれから考えるそうで、「いまあなたが一番願うこと、感じてることはなにかな? このメロディを聴いて浮かぶ言葉でもいいし、写真や動画でもなんでもOK。みんなからのメッセージを感じながら最前線で頑張る人達にも響くような歌詞にしていきたいな」と呼び掛けている。また「私だけでは表現しきれないから、大知くんにも声をかけたよ」と三浦にも協力を仰いだことを明かした。

 三浦は同日、自身のインスタグラムで「絢香ちゃんから届いた1曲のデモ。メロディや絢香ちゃんの歌声に今に対する想いが沢山詰まっていました」と感想を語った。続けて、ファンらに歌詞のアイデアを募り「そのメッセージを受け取って歌詞を書き、沢山の願いをのせた1曲をみんなで完成させられたらとても幸せです。一緒に音楽を作りましょう」と力強く訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事