ゼクシィ13代目CMガールに『恋つづ』出演の堀田真由「笑顔に巡り合えますように」 新郎役は『3年A組』共演の鈴木仁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 結婚情報誌『ゼクシィ』の13代目CMガールが22日、発表された。加藤ローサ、倉科カナ、広瀬すず、吉岡里帆らを輩出した“美少女タレントの登竜門”的存在として知られている同CMガールに、女優の堀田真由(ほった・まゆ 22)が新たな顔として抜できされた。

【動画】幸せな日常をほっこり描く…堀田真由&鈴木仁『ゼクシィ』CM

 ツイッターでウエディングドレス姿を披露した堀田は「13代目CMガールを務めさせていただくことになりました。大切な人と肩を寄せ合い歩む長い一本道。その新たな人生のはじまりをお手伝いさせていただけることゼクシィガールとして大変光栄に思います! その中で生まれる愛おしい笑顔に巡り合えますように。どうぞよろしくお願い致します!」と意気込みを語っていた。

 今回CMの“新郎役”は俳優の鈴木仁。2人は昨年に大きな話題を呼んだドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ)で共演。『3年A組』コンビでゼクシィのCMを務めることになった。

 堀田は2015年WOWOW連続ドラマ『テミスの求刑』でデビュー。17年にNHK連続テレビ小説『わろてんか』で、主人公てんの妹・藤岡りんを演じ、注目を集めた。その後、『3年A組』や『恋はつづくよどこまでも』(TBS)など話題作に出演。現在はファッション誌『non-no』で専属モデルを務めている。

 鈴木は16年に『第31回MEN’S NON-NO専属モデルオーディション』で準グランプリを獲得しデビュー。17年にドラマ『リバース』(TBS)に出演すると『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS)や『3年A組』など人気作に登場した。

■『ゼクシィ』歴代CMガール
初代(2001年):加賀美セイラ
2代目(2004年):加藤ローサ
3代目(2005年):JOSI
4代目(2006年):倉科カナ
5代目(2007年):高橋真唯
6代目(2013年):松井愛莉
7代目(2014年):広瀬すず
8代目(2015年):新木優子
9代目(2016年):吉岡里帆
10代目(2017年):佐久間由衣
11代目(2018年):井桁弘恵
12代目(2019年):白石聖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事