吉野家、創業121年で史上最大ボリューム『スタミナ超特盛丼』発売 1700キロカロリー超
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 吉野家は27日、牛カルビ・豚肉・鶏肉の3種を使用した史上最大のボリューム商品である『スタミナ超特盛丼』を発売することを発表。30日の午前11時から全国で発売開始となる。

【画像】小さく見える? 吉野家の牛丼並盛

 『スタミナ超特盛丼』は、牛カルビ・豚肉・鶏肉をニンニクをたっぷり使用した焼肉の特製たれで焼き上げ、大盛のご飯の上に全部のせ、仕上げにフライドガーリックと青ねぎをトッピング。玉子も別小鉢で一緒に提供される。使用する牛カルビ・豚肉の量は「牛カルビ丼」「豚丼」並盛の肉と同じ分量。鶏肉もこれらと同等量を使用し、牛カルビ・豚肉・鶏肉だけでも牛丼並盛の牛丼の具の3倍超のボリュームとなっている。

 創業121年目となる同社で史上最大ボリュームで、総カロリーは1700キロカロリー超(豚丼超特盛は1325キロカロリー)。価格は798円(税別)となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事