櫻井翔、池上彰との特番にリモート生出演へ Sexy Zoneマリウス葉も出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・嵐の櫻井翔が、ジャーナリストの池上彰とタッグを組む4日放送の日本テレビ系『ニッポンの超難問』(後7:00)において一部生放送を交え、リモート出演する方向で調整していることがわかった。櫻井は4月27日に体温が一時平熱より高かったことから大事をとってキャスターを務める同局報道番組『news zero』を欠席。29日の特番収録日も念には念を、ということで欠席したが28日以降は平熱で、体調も全く問題ないという。

【写真】番組にリモート出演するゲストら

 櫻井と池上がタッグを組むこの『教科書で学べない』シリーズは今回で第4弾。2015年8月の第1弾は『戦争』、2016年3月の第2弾は『災害』、2018年2月の第3弾は『ニッポンの想定外』と題して朝鮮半島情勢などを特集。そして、今回の第4弾は感染拡大が続く新型コロナウイルスを中心に『ニッポンの超難問』として届ける。

 スタジオでは、木村佳乃、関根勤、Sexy Zoneのマリウス葉、バイきんぐの小峠英二、朝日奈央ら多彩なゲストがリモート出演。マリウスは「どんな危『機』にも学ぶ『機』会があると感じました。今だからこそ、日常のライフスタイルを支えてくださっている人たちに感謝の気持ちを忘れない。人への感謝というのをきちんともう一度一から学ばないといけないと思いました」と気を引き締める。

 池上は「この番組を通して、医療従事者が、どれだけ危機的な状況の中でがんばっていらっしゃるかがよくわかると思います。と同時に、緊急事態宣言を早く解除して欲しいと思うかもしれませんが、そうすると第2波という危険な事が起きるんだよ。ということも過去の教訓からから学ぶことができる。それを皆さんに是非、お伝えしたいと思います」とコメントを寄せている。
 
 特番では池上がウイルスの歴史と教訓を徹底解説。新型コロナに立ち向かう医療現場の今、新型コロナ感染者が直面した現実を番組独自映像で検証。『マスク不足』が叫ばれる今、100年前にマスク流行のナゼ?…驚きの進化も明かされる。このほかにも『超難問!日本にも潜む「スパイ」の実態』として世界の『スパイ動物』の驚きの役割を紹介、池上がFBI逮捕も驚きの転身を遂げたロシアの女スパイの素顔に迫る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事