大野智、月9初主演『鍵のかかった部屋』特別編を11日放送「とても思い出深いドラマ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・嵐の大野智が月9初主演を飾ったフジテレビ系ドラマ『鍵のかかった部屋』(2012年4月期放送)の特別編が、11日午後9時に放送されることが3日、わかった。新型コロナウイルスの影響を受け、今クールの月9ドラマ『SUITS/スーツ2』が第3話以降の放送を延期中。全国的に“STAY HOME”が取り組まれるなか「家族そろって楽しめるドラマ」として、8年ぶりに月9枠で放送される。

大野智のTV出演歴

 同ドラマは、大野演じる奇才の防犯オタク・榎本径が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)とともに難解な密室事件を解明していく痛快エンターテインメント。初回平均視聴率18.3%、全話平均視聴率16.0%(全11話)と、嵐が主演の歴代月9ドラマで最高視聴率を記録している。

 大野は「このドラマは、僕が演じる主人公・榎本が密室トリックの謎を解き明かしていくミステリードラマで、僕の月9初主演作でもあるので、とても思い出深いドラマです」と、しみじみ振り返りながら「榎本がどうやって密室トリックの謎を解き明かしていくのか? ぜひご家族そろって一緒にお考えいただき、楽しんでいただけたらうれしいです」と呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事