中村倫也主演『美食探偵 明智五郎』が1分でわかる “戦慄”のトレーラー公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の中村倫也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週水曜 後10:00)の第5話(10日放送)を前に、第4話までの物語を1分で振り返るトレーラー第2弾が公開された。主人公で私立探偵・明智五郎(中村)の周囲で起こる戦慄の殺人事件の切なく心震えるシーンの数々が収められている。

【動画】戦慄のサスペンスが止まらない!1分でわかる『美食探偵』

 同ドラマは大ヒットメーカー・東村アキコ氏の初サスペンス漫画を原作に私立探偵・明智五郎(中村)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 第1話、第2話では、りんご園の純朴な一人娘“林檎”(志田未来)が、浮気した恋人が許せず、マリアに殺人依頼をしてしまう姿を、第3話では、誇り高きフレンチレストランの“シェフ”(武田真治)が料理を酷評した客を許せず、マリアの後押しで、窒息死させてしまう姿を描き、第4話では、“キッチン・ハラスメント”に憔悴した主婦・れいぞう子(仲里依紗)が、マリアに背中を押され、夫を殺害してしまう哀しみを描いた。

 “犯人”たちへの共感と、追い詰められた彼らが、マリアに背中を押されて、殺人者となってしまう様を表現するサスペンスフルな演出に注目が集まるなか、今回の60秒トレーラー第2弾では第4話までのストーリーがわかる内容となっている。

 ここまで、林檎、シェフ、れいぞう子という3人の“ファミリー”を得た殺人鬼マリアが第5話で次なるターゲットに選ぶのは、上遠野警部(北村有起哉)の別居中の小5の娘・小春(横溝菜帆)。明智の推理がきっかけで、乳製品アレルギーを持つ小春がクラスで陰湿ないじめを受けていることが発覚する。しかし担任はクラス内のいじめを認めない。

 そんななか、小春が残した『死にたい』というネット上の書き込みに目をつけていたマリアは、小春の絶望につけ込み、おぞましい“給食による集団毒殺計画”を実行に移そうとするのだった…というストーリーが展開される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事