千鳥、10日ぶりの再会で近況 マリカー三昧の大悟「さすがのワシも何もできない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・千鳥が、ABEMAのバラエティー『チャンスの時間』(毎週水曜 後11:00)の、きょう13日放送分に出演する。大悟とノブは10日ぶりの再開で、2人が近況を語り合った。

【画像】ノブのブチギレドッキリで号泣するザ・マミィの酒井尚

 同番組は、誰もが「言われてみれば気になる」と感じてしまうような身近にあふれる疑問を、MCの千鳥と一緒に“クセの強い対決"で、実際に検証し、真実を明らかにしていく。13日の放送回では、千鳥の2人のみスタジオから出演し、ゲストのお笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢、ニューヨーク・屋敷裕政、ピン芸人のバイク川崎バイク(BKB)らがリモートで出演。さらに、雑誌『egg』編集長の赤荻瞳さんやタレントの若林亜希、グラビアアイドルの夏本あさみ、東坂みゆら女性陣を迎え、それぞれの場所からリモート出演にて飲み会に参加する「千鳥に教えたい!リモート合コンのススメ」を実施する。

 オープニングトークで、ノブが「大悟と会うのも10日ぶり」と明かす。大悟も「さすがのワシも何もできない。飲みにも行かないし」と切り出し、「マリオカートが上手なって上手なって。マリオカートのターンばっかり覚えてるわ」とゲーム三昧な近況を報告した。そんな大悟の告白に、ノブは「ドリフト?」と爆笑。さらに、大ブームのリモート飲み会をしたことがないという大悟に対し、ノブは「マジで芸能界でZoomができないの大悟だけ」とコメントし、「みんなSNSでなんとか(近況が)分かるのよ。大悟だけ、ネットが届いてない」と笑いを誘った。

 そして、今回の“リモート合コン”幹事である森田、森田の“リモート飲み仲間”の屋敷、BKBが映像で登場。一通りの説明を終えた森田が「女の子を呼ぶ前に、段取りとか作戦を考えたい」と提案。そこで一同はまず、チームプレーを活かした“乾杯”のリハーサルを行うことに…。ノリをつかめていない千鳥の2人に、BKBは「コンパって芸人がつまらんぐらいのノリが一番盛り上がる」と解説し、そのほかさまざまな作戦を練り上げていくが…!? 果たして、千鳥の2人は“リモート合コン”を楽しむことができるのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事