小芝風花、イケメン男装姿を披露 『美食探偵 明智五郎』これまでの“変装”を振り返り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の小芝風花が出演する日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)。主人公の私立探偵・明智五郎(中村倫也)に助手として駆り出される小林苺を演じる小芝は、これまでもさまざまな“変装”に挑戦。17日放送の第6話では明智の弟・六郎(草川拓弥)になりきって、イケメンな男装姿を披露している。また、これまでのキュートかつちょっぴりおかしな変装も振り返る。

【写真】赤メガネ×出っ歯で強烈な変装を披露する小芝風花

 同ドラマは『海月姫』『東京タラレバ娘』などで知られる人気漫画家・東村アキコ氏による初サスペンス漫画を実写化。変わり者の私立探偵・明智五郎が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 まず第2話では、ホテルの一室で起きたカップル毒殺事件の調査のため、ホテルの客室係の制服を着て、内部に潜入。続く第3話では、フレンチレストランで起きた客の“窒息死”事件を調べるために、レストランに卸しているオーガニック野菜店の配達員となり、厨房に潜入。顔バレしないように、赤メガネと偽物の出っ歯まで装備するという、徹底ぶりだった。

 そして第5話では、苺が上遠野警部(北村有起哉)の娘・小春(横溝菜帆)の身辺調査のため、割烹着にカツラつき帽子、つけボクロという“昭和のおばちゃん風”変装で、下校する小春を尾行。回を増すごとに強烈になっていく苺の全力変装はSNSでも話題を呼んでおり、先週10日に第6話の予告が解禁されると「小芝風花男装最強」「苺ちゃんの男装むっちゃいいやん」「めちゃくちゃかわいい!」「めっちゃすき! 何この子美少年」と期待の声が寄せられた。

 第6話では実家の百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟と一緒にお見合いをすることになった明智。見合い相手の社長令嬢(北原里英)に、明智か弟の六郎のどちらかを選んでもらうことになるが、当日遅刻した六郎に代わり、男装した苺が代役を務めることになるといういきさつだ。

 紺のスーツを着用している苺だが当初は、黒スーツも候補に挙がった。演出と衣裳部が話し合い、「母・寿々栄が着せたスーツという設定なので、ファッション性が高い黒よりも、紺が“普通”でよいのではないか」という判断になったという。ネクタイも、「カッコよくなり過ぎないように」ということで、無地ではなくて柄ありが選ばれた。なお、劇中では苺が明智の無茶ぶりで、お見合い相手の前で、ボイスパーカッションを披露する場面もあり、相変わらず明智に振り回されっぱなしな苺の姿にも注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事