Zeebraの妻・中林美和、“初孫”誕生で2ショット公開 41歳で「私お婆ちゃんになりました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヒップホップ・アーティストZeebra(49)の妻でモデル・中林美和(41)が28日、自身のインスタグラムを更新。“初孫”との2ショットを公開した。

【写真】Zeebra&中林美和の“初孫”公開「可愛くて可愛くて もうどうしよう」

 中林は「ようこそここへ 生まれてきてくれて本当にありがとう」と“初孫”を抱っこする写真を公開。「私お婆ちゃんになりました」と報告した。その約20分後には、赤ちゃんのみの写真を投稿し「可愛くて可愛くて もうどうしよう」とハートマークを5つならべ、愛しい胸の内をつづっている。

 ファンから「おめでとぅございます ニヤニヤしちゃいますね」「若いおばぁちゃん素敵」「みわちんのお婆ちゃんになりましたの言葉に感動 泣けてくる! おめでとう」など、祝福の声が寄せられている。

 夫のZeebraは26日夜、ツイッターにて「今日の夕方に長男の息子、自分にとっての初孫が産まれました!」と喜びの報告をしていた。Zeebraは1991年に結婚した前妻との間に男児2人が誕生するも離婚。02年に結婚した中林との間に、女児2人をもうけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事