桜庭ななみ、『スカーレット』“義兄”・松下洸平と共演「変なドキドキがありました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西地域向けにNHK総合で5月18日から23日にかけて放送されたリモートドラマ『ホーム・ノット・アローン』。3月に放送終了した、連続テレビ小説『スカーレット』に出演した桜庭ななみと松下洸平の共演というキャスティングでも話題になった本作が、“視聴者の声”に応える形で、(ド深夜だけど)全国放送が決定。これを受け、桜庭にリモート取材を行った。

【写真】撮影した映像をチェックしあう桜庭ななみと松下洸平

 『ホーム・ノット・アローン』は、ファッション業界で働く田中くみ子(29)が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で在宅勤務となる中、一人暮らしのマンションのドアが壊れ、部屋に閉じ込められてしまい、修理屋さんにテレビ電話をかけたつもりが、間違えて見ず知らずの居酒屋店主・常林浩也(34)の自宅にかけてしまう。それをきっかけにお互いにテレビ電話をかけ合う関係になった二人の交流を描いた物語。

――関西地域向けに放送された後、待望の全国放送が決まりました!

【桜庭ななみ】『スカーレット』の公式ツイッターアカウントに、《全国放送してください》というコメントがたくさん届いていたのを拝見して、すごくうれしかったです。自粛期間中、くみ子や常林と同じように、自分の仕事は不要不急なのかなと思ってしまった人もいると思うんです。このドラマを観て、元気になってもらえたらうれしいですし、リモートならではのカメラのアングルも楽しんでもらいたいです。

――リモート撮影に挑戦して、いかがでしたか?

【桜庭】緊急事態宣言が出されている状況の中で、お仕事をされていた方もいると思うんですが、今回、くみ子を通して、外出を自粛していた人の気持ちを少し代弁できたというか、伝えられたのはよかったですし、(関西地域の視聴者には)共感してもらえた部分もあったと思うので、くみ子を演じられてよかったです。今、この時を映したドラマになったと思います。

――自分でカメラをセッティングしたり、小道具を準備したり、大変でしたか?

【桜庭】リモートドラマという新しい形のドラマに挑戦できてよかった、と思いました。カメラのセッティングや小道具の準備も、新鮮で面白かったです。通常の現場ではそれぞれのプロの方がやってらっしゃることを、全部自分でやってみて、部屋の電気のつけ忘れ、消し忘れで、前のシーンとつながらなくてNGになったり、本番で余計な影が映っていたり、自分でやっているからこそのミスはありましたけど…(笑)。

――メイキング動画で、松下さんが桜庭さんのことを「直子」と呼んでしまったり、桜庭さんが「実は、百合子という(間違い)もありました」と暴露していたり、『スカーレット』ファンにとってはうれしいキャスティングでした。“義理の兄”との共演はいかがでしたか?

【桜庭】とても不思議な感じがしました(笑)。長い期間、「お姉さんの旦那さん」として見ていたので、お芝居していて変なドキドキがありました(笑)。『スカーレット』の八郎さんはとても魅力的な役だなと思っていましたし、一緒にお芝居したシーンがたくさんあったわけではなかったので、今回、ご一緒できて光栄でした。

――桜庭さんご自身が“朝ドラ効果”を感じることはありますか?

【桜庭】いままでは街を歩いていても、インスタのコメントを見ても、「ななみちゃん」だったんですが、『スカーレット』に出演してからは、「直子」と役名で呼ばれることが増えて、演じた役を愛してもらえる喜びがありましたし、『スカーレット』の撮影・放送期間を通して、直子の人生を生きることができたな、と自分でも実感できたことが自信にもなりました。

――コロナ禍に直面して、役者のしごとへの思いは?

【桜庭】緊急事態宣言が出て、撮影などすべてがストップしてしまって、今回演じたくみ子と同じように、自分がこれまで一生懸命頑張ってきた仕事って不要不急なことだったのかな、考えたこともありました。お仕事が再開した時にちゃんとできるだろうか、といった不安もありました。

そんな中で、このリモートドラマのお話をいただいて、すごくうれしかったんです。このリモートドラマをなんとかやり遂げて、皆さんに届ける、という自分の役目をいただき、落ち込んでいる方の心の支えに少しでもなれたらうれしいな、と思うことで、自分も励まされました。くみ子の「『よっしゃ、出番や!』って立ち上がる時まで、力を蓄えておくことにします」というせりふがすごく私の心にも響きました。

 リモートドラマ『ホーム・ノット・アローン』は5月30日深夜(=31日 前2:05~2:15)放送。『スカーレット』公式ツイッターでは、「録画の準備」を呼びかけているほか、「0話」動画や各話の間をつなぐ、くみ子と常林のSNSでのやりとりなども掲載中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事