『美食探偵』せりふで大喜利選手権にユニーク回答続々 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の中村倫也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)。現在、番組公式ツイッターとインスタグラムでは『台詞で大喜利選手権』を開催している。これは、今まで放送した同ドラマの場面写真を番組SNSが投稿し、その写真にぴったりなユーモア溢れる「台詞」を自由に投稿してもらうという企画。すでにユニークな回答が続々と寄せられている。

【写真】特別編第二夜に出演する中村倫也&小芝風花

 参加方法は「#美食探偵 #美食探偵写真」のハッシュタグを添え『台詞で大喜利選手権』の投稿に自分が考案する『台詞』をコメント。こちらの写真についてはすでに、「この指にちくわはめてくれ!」「ママ見て妖精さんがいる」などが投稿。出演者・スタッフを笑わせた投稿はリツイートされる可能性もあるそう。

 同ドラマは『海月姫』や『東京タラレバ娘』で知られる東村アキコ氏による初サスペンス漫画を実写化。変わり者の私立探偵・明智五郎(中村)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”となっている。

 なお、今週31日放送の“特別編”第二夜は、武田真治演じる“シェフ”が悪質レビュアーを窒息死させた事件の後日談を描くオリジナルストーリー『ギャルソンは見た!! シェフと最後の晩餐編』と、“れいぞう子”ことみどり(仲里依紗)が姑から送られてくる手料理に追い込まれる様を描く『れいぞう子のキッチン・ハラスメント地獄編』を送る。

 また『~~地獄編』では、冒頭、事件のあと、同級生が殺されて落ち込む明智を、苺がメロンで勇気づけようとするほほえましいシーンも描かれており、こちらの場面写真もこのほど解禁されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事