“リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長寿バラエティー番組『笑点』(日本テレビ系)が17日、Twitterでトレンド入りを果たした。司会の春風亭昇太だけがスタジオ入りし、それ以外の師匠たち(林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、三遊亭円楽、林家たい平、林家三平)は自宅からのリモートシステムを使って参加。番組史上初となる“リモート笑点”は、SNSでも大きな反響を呼んだ。

【写真】リモートでも違和感なし?初となるリモート大喜利の模様

 1966年にスタートし、番組55年目に突入する同番組だが、先週24日放送回では初の“リモート大喜利”にも挑戦。同番組プロデューサー・福田一寛氏に、その内情を聞いた。

■リモート撮影にすぐには切り替えできず…健康第一を考えた「苦肉の策だった」

 現在、バラエティー番組は新型コロナウイルスの感染予防のため、リモート撮影による収録が多い。だが、『笑点』もすぐにリモート収録に切り替えたかというと、そうではないと福田一寛Pは語る。「後楽園ホールで無観客の収録に踏み切ってからも実は収録を何回か中止しました。そうすると(収録した)ストックはなくなっていくし、状況も悪くなるばかり。でも、師匠たちの健康を一番に考えなければなりません。そこでスタジオ収録に切り替えようとなったんです」

 結果、17日に放送したように春風亭昇太だけがスタジオに入り、ほかの師匠たちはリモート撮影となったわけだ。そのスタジオはというと、かなりシンプルな構成。「美術さんも技術さんもほとんど稼働させることが出来ません。(通常の)スタジオやサブコンも使わず、最低限のセットとシステムを用意して今回の撮影になったわけなんです。いわゆる苦肉の策だったんですよ(笑)」と福田Pは打ち明ける。ちなみに師匠たちの自宅にカメラをセッティングしたのは家族やマネージャーだとか。機材だけを渡し、各家庭に任せての収録となった。

■『笑点』にこんな時代がくるとは…間を大切にする落語家に“リモートの障壁”

 その反響はというと言わずもがな。17日放送後のネットでは多くの人が好印象を持ったようで「面白い」の声が続出。一方、師匠たちの反応も好感触だったと福田Pは明かす。「師匠たちも喜んで参加して頂き、“『笑点』にこんな時代がくるとは思わなかった”とおっしゃってくださいました」

 もちろん、不安もあったという。「どうしてもリモートでやり取りを行うと2秒から2秒半ぐらいズレが発生してしまうんですよね。噺家さんたちは話す“間”を大事にされているので、そこが一番の問題でした。ただ師匠たちも苦労されたと思いますが、だんだんと慣れてきたようでとても面白い掛け合いをしていただけて。OA上は編集していますので、視聴者の方はそれほど違和感がないと思います」(福田P)。

■救急車のサイレン音もそのまま放映「師匠たち含めスタッフも逆にハプニングを楽しむつもり」

 
 17日の放送では救急車の音が聞こえてくるなど、リモートならではのハプニングも発生。しかし、撮り直しなどはまったく考えていなかったという福田P。「師匠たち含めスタッフである我々も逆にハプニングを楽しむつもりでした。例えばサイレンの音が鳴るということは、換気をして撮影していることの証。サイレンの音が鳴ったときはおいしいなと思ってしまいました(笑)。師匠たちの対応があってこそなんですけどね。実は本番前にシミュレーションを1回やったんですが、三平師匠の映像が固まってしまったこともあったんです。それはそれで周りの師匠たちもいじってくれて。何があっても収録は続行しようとスタッフの間で話をしました」(福田P)。

 これがいつもの後楽園ホールであったら、赤ちゃんの泣き声が聞こえたり、何か大きな物音が鳴ってしまった場合、OAに入れることはほとんどないという。確かにこれまで『笑点』で、外部要因で放送に影響を与えることはほぼなかった。まさにリモート収録ならではの面白さが生まれた瞬間といえるだろう。

■「大いなるマンネリを目指したい」営業時代に得た言葉を胸に

 放送を開始して55年目に入った『笑点』は、これまでのスタイルを続けることで世代を超えて愛されてきた番組。ともすれば“マンネリ”との声も聞こえてきそうではあるが、それでも多くの日本人が『笑点』を愛し、見続けている。そのことについて福田Pに聞いてみると「2016年の12月に『笑点』のプロデューサーになる前の僕は営業だったんです。営業当時、『アナザースカイ』という番組を担当していて、スポンサーであったJTの社長からこんなことを言われました。『アナザースカイ』は『笑点』のような“大いなるマンネリ”を目指したいと。要はマンネリというのは悪いことだけじゃなく、みなさんに浸透している証拠。お客さんが飽きたら今の時代、すぐ見なくなりますが、マンネリ化しても見続けられるのは、それだけコンテンツに魅力があるからだと教えられたんです。そのとき、大いなるマンネリはすごくいいことだなって思いまして。『笑点』はこの大いなるマンネリの最たるものだと思うんです」(福田P)。

 同時に、奇しくもコロナという大災害により「『笑点』にとって、このリモート収録は大きな変革期であったんじゃないかと感じています」とも。つまり視聴者が望む、望まないに関わらず、コロナのきっかけにより54年続いた『笑点』が大きな変動を迎えたわけだ。それが受け入れられたのも師匠たちの腕があったからこそと断言している。

■『笑点』の醍醐味は“お客さんとの阿吽の呼吸”「やはり後楽園ホールでやることがベスト」

 リモート収録の案が出る前は後楽園ホールに3人の師匠が出演し、残りの3人の師匠がモニター出演をしてもらう案も想定していた。確かにモニターと実際の師匠が交互に並べば距離が確保されるため、密にはならない。このスタイルは今後、コロナ禍がおさまっていく段階に合わせて、行われる可能性もあるという。「おそらくコロナが収束してもすぐに全員が出演することは無理じゃないかと。なので、段階的に半分出演、半分リモートというスタイルになっていくのかなと思っています」(福田P)。

 とはいえ師匠たちにとっても、テレビを観る人たちにとっても後楽園ホールでやることがベストだと断言する。「昇太さんや師匠たちにとってもお客さんの雰囲気を見て、阿吽の呼吸で商売をされている方たちなので、今の状態ではなかなか本領を発揮できないと思います。それでもリモート収録を楽しんでやっていただけているので、非常にありがたいなと。でも、お客さんの前で出来るのが一番なので、早くコロナがおさまることに願っております」(福田P)。

 コロナという世界的な危機を前向きにとらえ、さらに多くのファンの心をつかんだ『笑点』。55年目に入った今、“大いなるマンネリ”と進化の道を同時に進んでいるようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事