パンサー・尾形貴弘「予定より早く退院しました!」先月23日から虫垂に炎症で入院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 虫垂に炎症が見つかったため先月23日から入院していたお笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘(43)が2日、自身のツイッターを更新し、退院したことを報告した。

【写真】娘&愛犬とともに退院を報告したパンサー尾形

 尾形は「先生にお願いして、予定より早く退院しました!! 家族に会いたすぎてもう限界でした!! 家でしっかり休んで早く治します!!」とツイート。

 続けて「家帰ってくるなりずっと会ってなかったから、娘が飛びついてきて、その後、愛犬がすごい勢いで飛びついて来て、いきなり傷が痛みましたが、僕は元気です!」と明かし、愛犬と愛娘と手をつないで歩く写真を投稿した。

 フォロワーからは「退院おめでとうございます!」「復活サンキュー!」「無理しないでくださいね!」と退院を喜ぶ声が寄せられている。

 尾形は先月23日に「今年受けた人間ドックで虫垂に炎症が見つかり水も溜まってるみたいなので、僕はいたって元気なのですが、ちゃんと見てもらう為に手術することになりました!!」と報告していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事