メッセンジャー・あいはら、仕事復帰を報告「無理せず頑張ります」 間質性肺炎で5・12から治療
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 間質性肺炎(かんしつせいはいえん)の治療のため、一時休養してたお笑いコンビ・メッセンジャーのあいはら(本名:會原雅一 50)が、あす3日より仕事に復帰することが決まった。2日、所属事務所の吉本興業が報告した。

【写真】相方のメッセンジャー黒田有

 あいはらは、5月上旬に体調不良を訴え、大阪市内の病院で検査を受けたところ「間質性肺炎」と診断され、入院し治療に専念した。その後、入院先の病院の医療スタッフの献身的な治療により快復し、5月29日に退院。経過も順調で、担当医師より「仕事に復帰してよい」との許可が下りた。

 復帰最初の仕事は、本人のYouTube『メッセンジャーあいはらのパララジオ』の収録で、3日午後6時から配信予定。退院後、最初の肉声出演となる。4日以降、テレビやラジオ番組にも本格的に復帰する。

 あいはらは「ご心配をおかけしてすみません。思っていたより早く仕事に戻ることができて大変うれしく思っています。無理せず頑張りますのでよろしくお願いします」と呼びかけ、吉本興業も「休養期間中は関係各位、ファンの皆さまには大変ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、お詫びしますとともに、医療スタッフ、応援してくれた皆様に深く感謝を申し上げます」と伝えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事