Snow Man、2ヶ月ぶりに集合で番組収録再開 ラウール的みどころは?「渡辺翔太先生のテンションの高さ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気グループ・Snow Manが出演する動画配信サービス『Paravi(パラビ)』のバラエティー番組『それSnow Manにやらせて下さい』が5日よりレギュラー配信されることがわかった。このほど、新作がこのたびリモート収録にて行われ、Snow Manメンバーも約2ヶ月ぶりに集合。地上波SP以来の『それSnow Manにやらせて下さい』スタジオ収録に参加した。

 同番組は、 新型コロナウイルス感染拡大に伴うロケ及び収録見合わせのためしばらくの間レギュラー配信を延期。 3月25日にTBS系列で放送された地上波SPより、放送ではカットされた部分を復活させた『パラビレギュラー配信決定サプライズロケ完全版』や、 『地上波SP完全版』などを配信していたが、この度、新作収録を再開した。

【動画】2ヶ月ぶりにスタジオ収録を行ったSnow Man

 初めてのレギュラー収録は、ソーシャルディスタンスの観点からスタジオでリモート収録に。2ヶ月ぶりの再会とあって、メンバー全員互いに距離を保ちつつテンションも高め。収録スタート時は、ステイホーム中の生活で何をしていたかなどの話題で盛り上がり、久しぶりに大声を出したため噛んでしまうメンバーも。和気あいあいとした楽しい収録となった。

 今回のリモート収録での企画タイトルは『それSnow Manだとおいくらですか?』。Snow Manがアイドル以外の職業についたら一体いくらで雇ってもらえるのかをガチ調査。気になる職業は、どれも彼らの豊かな個性を活かせそうなものばかり。また、6月に17歳の誕生日を迎えるラウールの誕生日プレゼント企画も収録された。

 収録を終えラウールは「2ヶ月ぶりにみんなに会えたので、 シンプルに顔を見ることができてうれしかったというのと、やっぱり『それスノ』面白い!普段こんなに笑うこともないし、企画が気になる内容でもあったし、とにかく楽しい収録の時間でした」と満喫したよう。

 「特に、 渡辺翔太先生のテンションの高さ!必見です!今日の収録企画は、アイドル以外の職業についたら?というテーマでしたが、中にはアイドル性も問われる職業もあって気になりました。 外にロケに行けるようになったら、その職業に実際についてみて、昇給するのか?減給するのか?一体どうなるのか?試してみたいです!」と新たな企画にも意欲をみせていた。

5日の午後11時30分スタート。以降は毎週金曜の午後11時30分配信。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事