岡田健史、周瑜を“しょうゆ”と言い間違えるもOK 大泉洋「なんでもOK出てくるね!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優・大泉洋が劉備玄徳役で主演を務める映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)の第3弾メイキング映像が3日、解禁された。呉の初代皇帝・孫権を演じる岡田健史が、賀来賢人演じる周瑜を「しょうゆ」と言い間違えるも、そのシーンにOKが出てキャストが盛り上がる様子が映し出されている。

【動画】『新解釈・三國志』メイキング映像解禁

 同映画は、中国・後漢時代に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』をオリジナル脚本で映像化。『今日から俺は!!』、『勇者ヨシヒコ』、『銀魂』シリーズなどを手掛けた福田雄一監督がメガホンをとり、大泉が「蜀」の武将・劉備、ムロツヨシが諸葛孔明、黄天の逆賊・黄巾を山田孝之、三國志最強の鬼神・呂布を城田優、酒池肉林の暴君・董卓を佐藤二朗が演じる。

 この日は、周瑜役の賀来、孫権役の岡田のほか、呉の老将・黄蓋を矢本悠馬、周瑜の補佐を務めた魯粛を半海一晃も発表された。

 解禁された映像は劉備(大泉)、諸葛孔明(ムロツヨシ)との会席のシーン。駆けつけた周瑜に向かって、岡田が「しょうゆ」と言い間違えるも、撮影は続行。カットがかかると「すいません! やっちゃった…」と謝る岡田だが、そのシーンはOKに。大泉は「なんでもOK出てくるね!」と岡田をフォローし、楽しそうな現場の様子が伝わってくるメイキング映像になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事