富川悠太アナ『報ステ』復帰で謝罪 “お叱りの言葉”を「真摯に受け止めていきます」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月11日に新型コロナウイルスに感染したことが判明し、同月21日に退院を報告していたテレビ朝日の富川悠太アナウンサーが、4日放送のテレビ朝日系ニュース番組『報道ステーション』(毎週月~金 後9:54)に約2ヶ月ぶりに復帰した。

【過去写真】11年ぶりのキャスター復帰…変わらぬスタイルの徳永有美

 番組冒頭、スタジオに姿を見せた富川アナは「新型コロナウイルスに感染しまして、およそ2ヶ月間、お休みをしていましたが、本日より番組に復帰することになりました」とあいさつ。「感染拡大の防止を呼びかけていたのにも関わらず、番組内に私を含めて5人の感染者が出てしまいました改めてお詫び申し上げます」と謝罪した。

 続けて「そして視聴者の皆さんからは、多くのお叱りの言葉を頂きました。一つひとつ真摯に受け止めていきます」と告白。この日の番組で「私の感染について、そしてなぜ番組で感染拡大を防止することができなかったのかをお伝えしていきます」とした。

 富川アナは、在宅勤務だった4月3日と休日だった翌4日の朝に検温したところ38度の発熱があったが、両日中に平熱に回復。7日には『報道ステーション』本番中に痰(たん)が絡む症状があり、8日ごろから息切れなどの症状が続いたため、11日にPCR検査を受け陽性と診断され入院した。

 15日には番組スタッフ2名の感染も判明しており、同日に富川アナは「すぐに平熱になったことから、発熱を軽視してしまい、上司や会社に的確に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています。視聴者の皆様からは、多数のお叱りの電話やメールを会社にいただいていると聞いています。これらを真摯(しんし)に受け止めたいと思っております」とコメント。4月21日に、2度のPCR検査で陰性だったため退院したことが番組内で報告されていた。

 番組ツイッターでは今月から、月~水が徳永有美アナと小木逸平アナ、木・金が富川アナと森川夕貴アナが出演すると告知し「引き続き新型コロナウイルス感染防止対策に努めながら放送いたします」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事