世界最大級の音楽フェス『TOMORROWLAND』7月に史上初オンライン開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベルギー発、世界最大級の音楽フェスとして有名な『TOMORROWLAND』が、7月25・26日に『Tomorrowland Around The World, the digital festival』として、初めてオンラインで開催されることが発表された(両日とも午後10時~翌午前8時※日本時間)。同フェスは新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、4月に通常開催の中止が発表されていた。

【画像】『TOMORROWLAND』キービジュアル

 史上初のデジタル開催となる今回は、今夏ベルギーのボームで開催されるはずだった『TOMORROWLAND 2020』のテーマである「THE REFLECTION OF LOVE」を継承。世界中どこからでも参加できるデジタル開催に際し、VRゴーグルなどの特殊機器を使うことなく、PCやタブレット、スマートフォンなどの端末から手軽に、インタラクティブに触れ合えるオンラインフェスを目指す。

 これまで開催してきた『TOMORROWLAND』同様、音楽とともに繰り広げられる壮大なショーはイベント最大の見どころ。最先端の映像技術を駆使し3Dに統合されたバーチャルマップを実現し、8つ全てのステージを一つの壮大なエンターテイメントとして統合する。世界中から集まった豪華ラインナップのアーティストたちが『TOMORROWLAND』でしか見られない初公開のコンテンツをお届けしていく。

 また、新たなアイコンとなる『TOMORROWLAND』メインステージのお披露目や、ゲームやウェビナー、ファッション、食、ライフスタイルをテーマにしたワークショップまで、感性を刺激するありとあらゆる体験が用意されるという。

 開催にあたり、DMM.comがフェス側とグローバルパートナーシップを締結し、国内スポンサー独占販売権を取得。一般のチケット販売も同社が実施することとなった。15日に出演アーティストが発表され、18日に全世界でのチケット販売開始を予定している。

■TOMORROWLANDとは
2005年にスタート、今年で16回目を迎える世界最大のエレクトロニック・ミュージックフェスティバル。ベルギーの田舎町で開催されるにもかかわらず、チケットは世界同時発売で45分で完売(この夏開催予定だった「TOMORROWLAND 2020」もチケット完売)。毎年208の国と地域から約40万人が参加し、1000人のDJ、16の公式ステージが設置され、自然の景観とクリエイティブな装飾が美しく融合する会場も魅力の一つ。海外ではオリンピックの次に熱狂的なイベントとも言われ、多くのファンを集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事