草川拓弥“あざとかわいい”演技が再び 『美食探偵』でオリジナルストーリー放送
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の中村倫也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)。あす7日の特別編第三夜では、ダンス&ボーカルグループ・超特急の草川拓弥が演じる弟・六郎にフォーカスを当てたオリジナルストーリー「味オンチな六郎とお弁当再現大作戦編」を放送する。

【場面カット】キュートな表情をみせる草川拓弥

 同ドラマは『海月姫』や『東京タラレバ娘』で知られる東村アキコ氏による初サスペンス漫画を実写化。変わり者の私立探偵・明智五郎が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 六郎は、兄・五郎とともに、扇屋百貨店の跡取りとして育てられた御曹司。変人の兄に対し、お見合いにも平気で遅刻してくるような、だらしないところがある大学生で、母・寿々栄に似て、残念なくらいの味オンチという役どころ。

 劇中では「良い子でお留守番してるわん」といった胸キュン台詞や、目を潤ませて見つめる姿など、母性本能をくすぐるシーンが連発。放送後、ネットを中心に「六郎さんこと草川拓弥くんが最高でした」「六郎くんまじかわだった」「六郎くん役が可愛すぎて死にました」「あざとかわいい」など、絶賛コメントが並んだ。

 オリジナルストーリー「味オンチな六郎とお弁当再現大作戦編」では、ある日、明智が懇意にしている料亭の板前が作ってくれたという松花堂弁当を、事務所に遊びに来た六郎が明智のいない間に勝手に食べてしまう。明智に怒られることを恐れた六郎は、苺と桃子(富田望生)に助けを求めるが…。自分の行動に責任の持てない甘えん坊の六郎の運命は、はたして…というストーリー。

 また、特別編第三夜では、上遠野警部(北村有起哉)の娘・小春(横溝菜帆)がマリアのターゲットとなった“給食毒殺未遂事件”の約1年前、クリスマスに明智の探偵事務所のキッチンを借りて、小春のためにクリスマスケーキを作ろうと奮闘する上遠野と高橋刑事(佐藤寛太)の奮闘を描く「上遠野警部のクリスマスケーキ大作戦編」も放送される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事