ドラマ『M 愛すべき人がいて』待望の第4話 6・13から放送再開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 放送を一時休止していたテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』(毎週土曜 後11:15~深0:05/ABEMA 毎週土曜 深0:05頃~)の放送再開が発表された。13日に待望の第4話を放送。アユ(安斉かれん)が国民的歌姫への第一歩を踏み出す後半戦に突入する。さらに、秘書・姫野礼香(田中みな実)の愛が大暴走!? アユと礼香、ドロドロの愛憎劇が幕を開ける。

【写真】アユをスターにすると決めたマサが悪魔になる!

 平成の歌姫が誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描いた同名小説(著:小松成美/幻冬舎)に、脚本家・鈴木おさむ氏がオリジナル要素をプラスしたてドラマ化した本作。プロデューサーのマサ(三浦翔平)だけを信じ、愛する祖母との別れや壮絶な嫌がらせ、厳しすぎるレッスンを乗り越えてきたアユのデビュー日が決定。第4話からはアユがアーティストとしての一歩を踏み出し、スターを目指す姿が描かれるが、当然待ち受けているのは茨の道…。これまで以上に怒とうの展開が繰り広げられることになる。

 ついにアユのデビュー日が1998年4月8日に決定し、プロジェクトが本格的に動き始める。マサは選りすぐりのスタッフを集めた「チーム・アユ」を結成、莫大な予算を投入してプロモーションを開始。怒鳴り散らしたり、クビにしたりと、「アユをスターにするためなら悪魔になる」という強い意志で、スタッフを追い込んでいく。そんなマサの期待に応えようと焦るアユだったが、レコーディングも失敗続きで、空回り…。スタッフを失望させてしまう。

 一方、マサから特別待遇といえるほどの情熱を注がれているアユのことが憎くてたまらない礼香は、大きなチャンスにつながるかもしれない重要な仕事の前夜、アユを極寒の屋上に呼び出して…。マサに執着する礼香が常軌を逸した大暴走を始める。

 さらに今回、礼香はなぜ眼帯をつけているのか…誰もが気になっていた謎が明らかに。礼香がなぜか会社でウエディングドレスを着てマサを待ち構えている…という戦慄のシーンも登場。マサへの気持ちを抑えられなくなったアユが、ドロドロの愛憎劇に巻き込まれていくことになる。

■第4話 あらすじ

 レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、アユ(安斉かれん)のデビュー日に、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースするガールズグループAxelsのデビューをぶつけることに。

 マサ(三浦翔平)はアユのプロモーションに命を懸け、マネージャーの野島美香(河北麻友子)をはじめ「チーム・アユ」全員に鬼のように立ち向かっていく。なんとかしてマサを叩き潰したい大浜は、全国のクラブ回りという地道なプロモーションでAxelsを売ろうと考えていた流川を呼び出し、アユに勝つためならAxelsに大量のプロモーション費を投入してやると告げるが…。

 マサの期待に応えたいと焦るアユだが、その思いは空回りするばかり…。レコーディングでも上手く歌えず、スタッフたちからあきれられてしまう。

 なかなか音楽番組への出演が決まらずイラ立つマサと、理沙(久保田紗友)らAxelsのメンバーからアユに勝ちたいと詰め寄られている流川を呼び出した大浜は、大物プロデューサー・黒川誠に認められたら、音楽番組にプッシュしてもらえるチャンスがあるとほのめかす。さらにその後、流川にある悪魔の提案を…。

 一方、秘書の姫野礼香(田中みな実)は、「会ってほしい人がいるの」と、離婚したマサを強引に呼び出し…。ついに礼香の愛が常軌を逸した暴走を始める――。

■ABEMA
https://abema.tv/video/title/87-304

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事