ペナルティ・ワッキー、中咽頭がんをツイッターで公表 8日から入院「全力で頑張ってきます!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中咽頭がんの治療のため、一時休養することを所属事務所を通じて公表したお笑いコンビ・ペナルティのワッキー(本名:脇田寧人/47)が7日、自身のツイッターを更新し、復帰を誓った。

【ツイッター全文】中咽頭癌のステージ1を報告したワッキー

 ワッキーは「世間様が大変な時期に自分の事ですいません。先月、自分の喉に癌がみつかり、中咽頭癌のステージ1と先生から伝えられました」と報告。あす8日から「治療のため約2ヵ月間入院することになりました」と伝えた。

 8月末まで休養の予定だが「また皆さまの前に元気な姿をお見せできるよう全力で頑張ってきます!」と力強く宣言。ファンからは「回復を心からお祈りいたします」「お大事になさってください!」「ゆっくり体を休めて、また帰ってきてください!復活待ってます!!」などのエールが送られている。

 ワッキーが所属する吉本興業は同日、「4月上旬、首にしこりのようなものを感じ、都内の病院で何度か検査を繰り返した結果、初期の中咽頭がん(ステージ1)が判明した」と公表。「担当医師と相談した結果、外科手術はせず、放射線科科学療法で治療する」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事