ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及「前向きに治療に専念致します」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・ペナルティのヒデが7日、自身のインスタグラムを更新。ステージ1の中咽頭がんと診断され、治療のため一時休養することを公表した相方のワッキー(47)について、コメントを寄せた。

【写真】ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及

 ワッキーと小学生のコスプレをした写真を投稿したヒデは「ファンの皆様、関係者の皆様、ご心配をおかけしまして申し訳ございません。本人も前向きに治療に専念致しますので、温かく見守って頂けたら幸いです」と報告。「復帰後のギャグをどうぞ楽しみに待っていて下さい。何卒宜しくお願い申し上げます」と呼びかけた。

 ワッキーもこの日、自身のツイッターを更新し「先月、自分の喉に癌がみつかり、中咽頭癌のステージ1と先生から伝えられました」と明かし、「また皆さまの前に元気な姿をお見せできるよう全力で頑張ってきます!」と力強く宣言した。

 ワッキーが所属する吉本興業は同日、「4月上旬、首にしこりのようなものを感じ、都内の病院で何度か検査を繰り返した結果、初期の中咽頭がん(ステージ1)が判明した」と公表。「担当医師と相談した結果、外科手術はせず、放射線科科学療法で治療する」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事