ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方ワッキーへの思い語る「2人で再びマイクの前に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・ペナルティのヒデ(49)が、7日放送のニッポン放送『日曜競馬ニッポン』(毎週日曜 後2:30~4:00)にリモートでゲスト出演。同日、所属事務所よりステージ1の中咽頭がんが公表された相方ワッキー(47)について言及した。

【写真】ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及

 同番組のパーソナリティーを務める清水久嗣に、ワッキーの状況ついてたずねられると、ヒデは「ご心配をおかけして申し訳ございません」という言葉とともに、「しっかりと治療に専念するので、期待して温かく見守っていただけたら」と説明。ヒデ自身も相当なショックを受けたようで「体は丈夫なやつだった」と、まさかの思いだったという。

 また、新型コロナウイルスの多大な影響下にある現在、2人でじっくりと話しあいをする機会となり、改めて“相方・ワッキー”の良さに気づくことができた、と語った。ワッキーにとってはギャグを考える時間にあてることができる、と冗談も交えながら、「2人で再びマイクの前に並ぶことが目標、そのことが誰よりも楽しみかもしれない」と力強く語った。

 ワッキーが所属する吉本興業は同日、「4月上旬、首にしこりのようなものを感じ、都内の病院で何度か検査を繰り返した結果、初期の中咽頭がん(ステージ1)が判明した」と公表。「担当医師と相談した結果、外科手術はせず、放射線科科学療法で治療する」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事