藤森慎吾、不倫の渡部建に「バカ野郎!」 佐藤栞里は涙ながらに決意新たに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾(37)が13日、TBS『王様のブランチ』(毎週土曜 前9:30)に生出演。番組冒頭、出演見合わせとなった渡部建(47)とともにMCを務める佐藤栞里(29)が涙し、気丈にあいさつすると、藤森は渡部に向け「栞里ちゃんにこんな顔させんじゃねーぞ! 何だよもう! バカ野郎! ほんとに!!」と語気を強め訴えた。

【写真】夫婦初共演で見つめ合う渡部建&佐々木希

 オープニングでは、山形純菜アナウンサー(25)が渡部の一連の騒動と出演見合わせについて説明。続けて、佐藤が「今回から、このようなメンバーでお送りすることになってしまいましたが…、王様のブランチは楽しい情報をお届けする番組です。今週もテレビをご覧のみなさまが笑顔になれる番組にしたいと思っています」と涙ながらに決意を新たにした。

 佐藤と並んだ藤森は「栞里ちゃんにこんな顔させんじゃねーぞ! 何だよもう! バカ野郎! ほんとに!」と語気を強めて渡部を叱った。続けて「栞里ちゃん大丈夫だから、みんなで乗り越えよう!」と呼びかけると、同じく、出演した山本舞香(22)も「頑張りましょう!!」と笑顔とガッツポーズで鼓舞した。

 渡部については、10日配信の『週刊文春デジタル』が複数の女性との不倫行為を報道。同日に事務所の公式サイトで「今回の報道に関しましては、私の不徳の致すところであり、家族を深く傷つけ、また、普段お世話になっている仕事関係の皆様、応援をしてくださる皆様に対し多大なご迷惑をおかけしたと大変猛省しております」と謝罪し、当面の間の芸能活動の自粛を発表。

 きのう12日には、相方の児嶋一哉(47)が渡部の代役としてJ-WAVE『GOLD RUSH』(毎週金曜 後4:30~)のナビゲーターを担当。番組冒頭、不倫騒動で世間を騒がせた相方について「本当にバカですね。大バカで、調子に乗っていたんでしょうね。仕事もうまくいくし、プライベートも順風満帆で天狗だったんでしょうね」と涙声で説教した。

 また、妻で女優の佐々木希(32)も自身のインスタグラムを通じて謝罪。今後について「今回の件について、夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います。私自身としては、今後もお仕事を続けさせていただければと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします」と伝えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事