手越祐也、滝沢副社長との不仲説一蹴「対立は一切ない」ジュリー社長へ感謝の言葉も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・NEWSの元メンバーでジャニーズ事務所との専属契約を19日付で終了した手越祐也(32)が23日、都内で記者会見を行った。弁護士を通じて交渉し、双方納得の上での退所となったといい、一部で報じられた滝沢秀明副社長との“不仲説”については「対立は一切ありません」と強調した。

【会見ロングバージョン動画】手越祐也 緊急記者会見の模様

 続けて「滝沢くんが、お互いの知人を通じて『手越、大丈夫か?』と心配してくれた」と明かすと「感謝しかないですし、格好いい先輩です。これからきっとジャニーズを背負っていくお方。今後もお会いできる機会があるなら、また何か手伝えることがあればしたいという思いを伝えたい」と語った。

 また、退所交渉にあたり事務所幹部と面会する機会はなかったこともについて、「悲しい思いやショックな思いがある」と本音を漏らす一幕も。それでも「退所にはなりましたけど、今まで育ててくれて、僕にいろんな景色、思い出、すてきな体験をさせてくださった現事務所の社長のジュリーさんには、お礼に行けるのであれば、改めてお礼に行きたい」と感謝の思いを口にしていた。

 この日の会場には、大勢の報道陣が集結。新型コロナウイルスの影響を受け、密集を避けるため整理券を配布し、入場の際には、マスク着用の義務化と検温チェックを実施。カメラマンや記者に適切な間隔を空けるよう呼びかけ、質問用マイクも都度消毒する徹底ぶりだった。

 手越は緊急事態宣言下の4月下旬、都内の飲食店への外出や、女性を集めた飲み会を開催していたと一部週刊誌で報じられ、これを手越本人が「掲載内容の相違はあれど、女性を伴う外出の事実」と認めたため、5月15日にはジャニーズ事務所のタレント全76人参加による期間限定ユニット『Twenty★Twenty』への不参加が決定した。

 その後も手越の外出が報じられたことから、先月26日にはジャニーズ事務所が「すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断するに至りました」と活動休止を発表。先週19日付でジャニーズ事務所との専属契約終了が発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事