Da-iCE花村想太、オンラインツアー開幕「人生初めてのワンマンライブ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEのメインボーカル・花村想太のバンドプロジェクト「Natural Lag」(ナチュラルラグ)が29日、動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」でオンラインライブツアー『Natural Lag Online Live Tour 2020』をスタートさせた。

【写真】人生初のワンマンライブを行ったDa-iCE花村想太

 1月発売の1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』を引っ提げた念願の初ツアー『Natural Lag Live Tour 2020 -the first story-』が予定されていたが、新型コロナウイルスの影響でやむを得ず全公演中止に。果たせなかったファンとの“約束”をオンラインライブの形で実現させた。

 1曲目は新曲「不機嫌な信号」からスタート。ファンは歓喜のコメントやエールを送り、オンラインライブならではの形で応援。「Determination」「リモコンファイター」「Be your man」「Suger High」と5曲続けて披露した。

 花村は「人生初めてのワンマンライブで緊張しています」と打ち明け、「目の前に(実際に)見える方はいないけど、画面を通してたくさんの方が見ていらっしゃるというのは感慨深いですね」と話した。本来ライブをする予定だった会場の人数よりも多くの人に見てもらえる結果になったという。

 切ないバラード曲「愛と恋」を持ち前の優しい声で歌い上げると、「これは泣く」「めちゃくちゃ共感しまくる曲です」「大好きな曲」とコメントが続々。「ファイティング・ソング」で花村が画面に向かって手拍子を煽ると、コメント欄は拍手の絵文字で埋め尽くされた。ファンは花村のネイルにも注目し、バンド名「Natural Lag」の頭文字「NL」のロゴが刻まれたネイルに「かわいい!」というコメントが相次ぎ、細部へのこだわりも画面を通してしっかりと伝わっていたようだ。

 ラスト2曲となったところで「新型コロナウイルスの影響で直接会うことはできていませんが、メンバーと作り上げた音楽をこうして皆さんに届けることができて、単純にうれしいという言葉じゃすまないくらい、大切な時間をいただいたなと思っています」とファンやスタッフへの感謝の気持ちを伝えた。「Trust Me」に続き、最後は「約束」で締めくくった。

 8月12日のオンラインライブではセットリストをガラリと変えて臨むことを発表。「よかったら8月もまた会う“約束”をしてください」と、新たなステージへ向けてファンと約束を交わした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事