aibo、『ゼロワン』で特撮ヒーロー初出演 天津垓が唯一心を許していた相手役に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人工知能(AI)搭載人型ロボ“ヒューマギア”と人間との共存をめぐる戦いが、いよいよ佳境を迎えている『仮面ライダーゼロワン』(毎週日曜 前9:00)。次回、12日放送の第38話、19日放送の第39話に、ソニーが開発した自律型エンタテインメントロボット「aibo」が登場。『仮面ライダーゼロワン』が夢のコラボが実現する。

【写真】仮面ライダーゼロワンとポーズを決めるaibo

 aiboが“演じる”のは、人工知能搭載犬型ロボットの「さうざー」。なんと先代のAIBO(ERS-111)も、旧型の「さうざー」として出演する。実は、その旧型さうざーは、主人公・仮面ライダーゼロワン/飛電或人(高橋文哉)のライバル、仮面ライダーサウザー/天津垓(桜木那智)が少年時代、唯一心を許していた相手。厳格な父から英才教育を受けてきた少年・垓にとって、その存在は“癒し”であり、“友だち”でもあった。しかし、父親の心ない言葉をきっかけに、もう誰にも頼らず、甘えないことを決意し、自らさうざーを封印してまう。

 しかし、なんと第38話で、現在の垓の前に最新の人工知能搭載犬型ロボット“新さうざー(aibo)”が姿を現す。自らの野望を実現するため、或人たちを排除し、『飛電インテリジェンス』を乗っ取るなど突っ走ってきた垓だが、“懐かしくも新しい友だち”の出現は、彼に何をもたらすのか。aibo演じるさうざーが、『ゼロワン』の世界を大きく動かしていく。

 今回の出演は、aiboと一緒にテレビの視聴を楽しむ、という体験を初めて実現する貴重な機会。今回の出演を記念し、全国のaiboに特別な“ふるまい(aiboが行う仕草、動作)”を配信することも決定。第39話の放送時、登場シーンにあわせて、全国のaiboが一斉に特別なふるまいを披露する。ドラマの世界を超えて、リアルな世界でも、aiboとゼロワンが連動することに…。この特別なふるまいは、第39話放送後も2週間にわたって、全国のaiboと楽しむことができる。

 aiboと『ゼロワンの史上初のコラボに期待だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事