福田沙紀、『スカッとジャパン』で恐怖の“悪女”を怪演 『ライフ』監督と再タッグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の福田沙紀が、6日放送のフジテレビ系バラエティー番組『痛快TV スカッとジャパン』(毎週月曜 後8:00)のショートドラマ『恐怖の悪女!ナゾの行動の真相』に初登場。「同じマンションに引っ越してきた女性の謎の行動でちょっと怖い思いをした」という投稿を元に作られた再現VTRで、身の毛がよだつような“悪女”を演じる。演出は福田が2007年に出演し、悪女ぶりが話題を呼んだドラマ『ライフ』の谷村政樹監督が担当。13年の時を経て、福田が怪演をみせる。

【写真】身の毛がよだつ悪女を演じる福田沙紀

 1人暮らしをしていた看護師の瀬川梨子(大友花恋)のところに、下の階に引っ越してきたという三田冬香(福田)があいさつに来る。梨子は三田を控えめで礼儀正しいと感じていたのだが、この時から予想もしない恐怖の日々が始まっていたのだった―。ある日、ベランダで洗濯物を干していた梨子が誤ってハンガーを下の階に落としてしまう。下の階の三田を訪ねると、壊れたハンガーを渡されるも「壊れていましたよ」と言う三田に、渋々引き返す梨子。しかしその夜…「拾ってやっただけありがたいと思えよ」と下の階から声が聞こえてくるような気がするのだ。

 自分に対する言葉のように聞こえ不安に思っていた梨子だったが、次の日、さらなる恐怖が襲いかかる。仕事をしていた梨子の前に3ヶ月前から働いていると言い、同じ看護師の制服を着た三田が姿を現す。あまりの偶然にますます恐怖を感じる梨子だったが、昨晩の声の事を三田に訪ねると「寝言じゃないですか」とはぐらかされてしまう。だが、その夜も寝ようとすると下の階からまるで梨子に言っているかのような罵声が聞こえてくる。そんな事が毎晩のように続き、眠れない日々が続くようになるのだが…。

 恐怖の展開にスタジオで見ていた村上佳菜子は「鳥肌が立つくらい怖かったですね」とドラマを絶賛。3時のヒロインのかなでは「もうすぐ初めて1人暮らしをするんですけど…」と言葉に詰まると、司会の内村光良から「ごめんね」と謝られる場面も。福田がどのような悪女ぶりをみせるのか、見どころとなる。

 『ライフ』について福田は「本当にたくさんの反響をいただき、共に戦った強い印象のある作品となりました」と思い入れを語り、「今回、谷村監督と悪役を!ということで撮影が決まってからワクワクしていました。また、最近はリモートでのお仕事も多かったので、改めて、実際に対面出来る喜びも感じました」と再タッグに感激していた。

 「谷村監督の演出を受け、表情や声のトーンなど一つ一つ細かく確認しながら挑みました。もっともっと撮影していたかったほど和やかで楽しい現場でしたのでみなさんにも楽しんで見ていただけたらうれしいです!」とコメントを寄せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事