AKB48ドラフト1期生・川本紗矢が8月末で卒業「いっぱい悩んだ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・AKB48の川本紗矢(21)が6日、YouTubeの公式チャンネルで配信した動画「プロフィール48」の中で、8月末をもってグループから卒業することを発表した。

【20013年ドラフト】ぱるる、5チーム抽選引き当てる 川本紗矢さん歓喜の涙

 動画の中で「私、川本紗矢はAKB48を卒業することを決めました」と発表。「なかなかファンの方にもメンバーにも会えない時期なので、このタイミングで卒業発表をすることに対して申し訳ないなと考えていたんですけど、自分の中でいっぱい悩んで、アイドルを1回卒業して、自分の新しい目標というか、新しい道に進んで頑張っていきたいなという意思が固まったので、卒業することを決めました」と決意を明かした。

 卒業時期は「8月末」とし、「AKB48劇場でイベントみたいなものをやらせて頂く予定です。あと2ヶ月ほどたくさん感謝を伝えられるように、一生懸命活動したいなと思います」「残り少ないんですけど、今までの約6年半活動してきた感謝を伝えながら精一杯努めていきたいなと思いますので、皆さん最後までよろしくお願いします」とファンに伝えた。

 さややの愛称で親しまれた川本は、2013年11月に行われた『第1回AKB48グループドラフト会議』2巡目で5チームからの競合指名の末、AKB48のチームBに加入。14年11月の38thシングル「希望的リフレイン」で初選抜入りし、総選挙は第6回から圏外→圏外→27位→29位→41位だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事