武田真治『めちゃイケ』メンバーに結婚報告「お祝いの声をいただいた」 SNSで“ロス”の声なく嘆き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の武田真治(47)が、7日放送の文化放送『楽器楽園〜ガキパラ〜 for all music-lovers』(毎週火曜 後9:00)の収録に参加。今月2日に、歯科衛生士の資格を持つモデル・静まなみ(25)との結婚を発表して以降、初となる番組収録で喜びを語った。

【写真】スタイル抜群!武田真治と結婚したモデル・静まなみ

 この日のオープニングは、竹内まりやのウェディングソング「本気でオンリーユー(Let's Get Married)」でスタート。共演のヴァイオリニスト・岡部磨知が「シンディ(武田真治)、ご結婚おめでとうございます!」と祝福すると、武田は「ありがとう!」と喜び。岡部が「この状況で、こういう心温まるニュースというのは、日本人を明るくしてくれてすばらしいと思った」と呼びかけた。

 武田は「コロナでまだ大変な人がいる中で、こういう形をとらせていただくのは、不謹慎にとらえる方もいるかなと思ったんですが、そういう風に思っていただけているならありがたいです」と率直な思いを告白。メディアへの発表前に、かつてレギュラーだった『めちゃ×2イケてるッ!』のメンバーや、芸能界の先輩たちに結婚を報告した時の様子を振り返り「本当に、お祝いの声をいただいて、そういうところで実感するものだね」と幸せをかみしめた。

 一方、気になった部分もあったようで「祝福ムードってさ、うれしいんだよ、すごくうれしいんだけど、こういう時って『武田真治ロス』っていうハッシュタグが立つものだよね。(ツイッターの)トレンドで。『おめでとう』と『武田真治ロス』、けっこうデッドヒートで上位に上がってくるよね。なのに、『ロス』が一切ないんだよね」とぶっちゃけ。岡部が「私は寂しいよ、シンディが結婚しちゃって」などとフォローするも、「オレは、ロスがなかったことにロスしてる」と訴えていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事