ミュージカル界の“歌姫”濱田めぐみがテレビドラマ初挑戦「みなさまのお邪魔にならない様」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の濱田めぐみが、8月2日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『親バカ青春白書』(毎週日曜 後10:30)にレギュラー出演することがわかった。ミュージカルを中心に活躍する“歌姫”濱田は今作でテレビドラマに初挑戦。ムロツヨシ演じるガタローと、永野芽郁演じるさくら親子が暮らす家の隣りのおばちゃん、通称「前田のおばちゃん」役を演じる。

【動画】ムロツヨシ主演『親バカ青春白書』予告映像初解禁

 今作は『今日から俺は!!』チームの最新作で、福田雄一監督が手掛けるオリジナルドラマ。ムロ演じる娘が大好きすぎるあまり、なんと、娘と同じ大学の同級生になってしまう父親・ガタローと永野演じるさくら親子が一風変わったキャンパスライフを通して絆を深めていく様子を描く。

 「前田のおばちゃん」はガタロー親子を自分の家族のようにいつも気にかけており、そしてさくらにとっては、良き相談相手でもある。ガタロー親子の面倒をとてもよく見る、一言多いのがたまにキズの世話焼きのおばさんだ。

 濱田は、これまで福田監督作品の映画や舞台にも出演経験はなく、今回が福田組デビューとなる。なんでも劇団四季時代から、福田監督が彼女の大ファンだったこともあり、今回のテレビドラマデビューが決まったという。はたして、その歌声を披露する機会はあるのか要注目だ。

 今回の起用に際して濱田は「お話をいただいた時は驚いたのと同時にすごくうれしかったです。テレビドラマ出演は、初めての経験になりますので、まずはみなさまのお邪魔にならない様にそして自身でも楽しみたいです」と意気込み。

 そして記念すべきドララデビューで“おばちゃん”を演じることには「私が1番衝撃を受けました! 今まで舞台を主戦場としてきた上に、しかも役的には硬質であったりエキセントリックであったり、悲劇的、情熱的でといったタイプでした。でも今回は福田監督が私の性格がこちら側だとご存知だからの奇跡だと思われます(笑)」としっくりきているよう。

 イメージするのは“サザエさん”。「明るくて天然でサッパリしてて、でも1番はガタロー親子を心から応援している良き理解者かな」と想像を膨らませ、「ムロさんは舞台も拝見させて頂きましたし、素晴らしい役者さんだと思います。永野芽郁さんもその場に居るだけでキラッと光る物があって才能の塊ですよね。ご一緒させて頂けて凄く光栄です!」と共演を心待ちにしている。

 また、福田監督からもコメントが到着。「元々、ムロくんの親バカというコンセプトはやりたい題材でした。それをムロツヨシGP帯初主演ドラマでやれることはとてもうれしいことです。常連の人、初めての方、久しぶりの方、様々なキャストに囲まれて刺激的な毎日を送っております。こんな大学生のトキメキものを自分が撮ってるなんていまだに信じられませんが、ムロくんとともに楽しんでやっていきます」と現場の模様を報告している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事