『ドラえもん映画祭』15作品をアンコール上映決定 25日~8月6日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの影響により一部日程で上映できなかった『ドラえもん映画祭2020』のアンコール上映が東京・神保町シアターにて、25日から8月6日まで開催されることが発表された。

【写真】ドラえもんが登場するUSJの限定グリーティング

 同映画祭は、8月7日公開の最新作『映画ドラえもん のび太の新恐竜』で、シリーズ40作目を迎えること、漫画『ドラえもん』が1970年の連載から、今年で50周年を迎えたことへの感謝の気持ちを込めて、2月1日から3月5日までの日程で開催を予定していた。しかし、コロナ禍で3月3日から5日までの上映を中止。振替上映について、多くの問い合わせや要望があったことから、上映を逃した15作品をアンコール上映することを決定した。

■上映作品一覧
・『のび太の恐竜』(80年)
・『のび太の宇宙小戦争』(85年)
・『のび太と鉄人兵団』(86年)
・『のび太のパラレル西遊記』(88年)
・『のび太とアニマル惑星』(90年)
・『のび太のドラビアンナイト』(91年)
・『のび太とブリキの迷宮』(93年)
・『のび太の宇宙漂流記』(99年)
・『のび太の太陽伝説』(00年)
・『のび太と翼の勇者たち』(01年)
・『のび太とロボット伝説』(02年)
・『のび太とふしぎ風使い』(03年)
・『のび太のワンニャン時空伝』(04年)
・『のび太の宝島』(18年)
・『のび太の月面探査記』(19年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事