「チョリーッス!」チャラ男が活躍する癒し系漫画が話題 元芸人漫画家語るSNSの特性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Instagramのフォロワーは3万人、しかしTwitterのフォロワーは数百人という4コマ漫画作家、ワイルドモンキーさん。『おそらく本当はチャラくない』などの人気シリーズを描いているが、同じ漫画をアップしても、InstagramとTwitterでは、反応が全く違うという。それぞれのSNSの特性について聞いた。

【漫画】「チョリーッス!」チャラ男お馴染みのこの言葉に隠された深いメッセージとは…?

■「自分の思いを形にするのに適していたのがギャグ4コマ漫画だった」

――ワイルドモンキーさんのプロフィールを教えてください。

【ワイルドモンキーさん】現在41歳の会社員です。美術系の高校を卒業後、大阪の吉本興業に所属し、芸人をしていました。妻と出会い、結婚する際、芸人では食べていけないと思って、就職しました。サラリーマンをしながら、SNSで漫画を投稿しています。

――SNSではどの作品もたくさんのいいねを集めていますが、これまでに一番反響があった漫画を教えてください。

【ワイルドモンキーさん】『おそらく本当はチャラくない』というチャラ男が主人公の4コマ漫画が人気ですね。チャラそうで真面目というギャップがウケたようで、反響があったのでシリーズで描いています。

――漫画はいつごろから描いているのですか?

【ワイルドモンキーさん】小さい頃から絵を描くのは好きだったので、漫画の真似事はしてましたが、漫画をちゃんと最後まで描ききったのは最近ですね(笑)。ちゃんと4コマ漫画を描き始めたのはここ2年ぐらいでしょうか。

――どうして4コマ漫画を描こうと思ったのでしょうか?

【ワイルドモンキーさん】もともと芸人をやっていたこともあり、自分が面白いと思うことを表現したい思いはあって。そんな中、『4コマgram』という、4コマ漫画のPV数で収益に繋げられるサイトを見つけたことが、本格的に描き始めたきっかけになります。

――LINEスタンプも販売されていますよね

【ワイルドモンキーさん】そうですね。LINEスタンプは漫画を描く前から作っています。LINEスタンプを一般人も作れると知り、一獲千金を狙いつくり始めたのですが、全然売れなくて(笑)。ブログやSNSで宣伝してみたりしたんですけど、効果が出なくて。「もうスタンプはいいや漫画描こう」ってところから、今に至ります。

――スタンプの反響、売れ行きはいかがですか? 

【ワイルドモンキーさん】これが全然なんです…(笑)。なかなか難しいですね。

■同じものを投稿してもSNSによって反応は様々「ずっとオーディションされている感じ(笑)」

――SNSでギャグ4コマを投稿されている人は、Twitterメインの方が多いような気がするのですが、Instagramを中心にやっていることに理由はありますか?

【ワイルドモンキーさん】いやいや…Instagramを主戦場にしてるわけではないんです! 同じようにTwitterにも漫画を発表しているんですが、Instagramではウケても、Twitterではウケないんです(笑)。Instagramで求められている事はなんとなくわかるのですがTwitterは全然わかりません…。

――そうだったんですね。たとえばどんなものがInstagramでウケるんですか?

【ワイルドモンキーさん】あくまでフォロワーの反応やいいね数による推測ですが、”ほのぼの”した作品がウケるイメージです。本当は皮肉交じりの作品も好きなのですが、そういったものを投稿すると、フォロワーがめっちゃ減ったりします。「思った人と違うわぁ」って感じなのかもしれないですね。ずーっとオーディションされてる感じがあります(笑)。

――なるほど、オーディション! SNSで公開するメリットでもありますね?

【ワイルドモンキーさん】そうですね。SNSに投稿すると、作品が沢山の人に見てもらえ、感想をもらえます。もちろん、感想が辛辣な時もあって、それを見て傷ついてしまう日もあるので、メリットでもデメリットでもあるかもしれないですが。

―― フォロワーからのコメントは気にしますか?参考にすることもありますか?

【ワイルドモンキーさん】ありますよ。…でも、「続編希望!」とか言われて、調子に乗って続編描くと、そんなに「いいね」つかなくて「なんやねん!」ってなります。自分がスベっただけですが…(笑)。

――フォロワーの反応で思い出深いものはありますか?

【ワイルドモンキーさん】先程もお話しした『おそらく本当はチャラくない』シリーズは30本以上描いているのですが、同じ設定でやっているとだんだんネタが難しくなってくるんですね。ある時、“電車で座ってる女の子をナンパして、怒っていなくなったらその席をお年寄りに譲る”という漫画を発表したら、炎上しちゃったんです。コメント欄で「漫画だから」と擁護してくれる方と怒っている方でケンカみたいになっちゃって。

――コメント欄でフォロワー同士がケンカですか! それはなかなか困りますね。

【ワイルドモンキーさん】そうなんです。それでその次の日に、その4コマ漫画を描いた私に罰を与える漫画を投稿しました。すると私と同じように漫画や作品を描いている作家さんから励ましのコメントをたくさんいただけて…。わかってくれている方はたくさんいるんだ、と気づく事ができて、勇気付けられましたね。

――ほかに、描くのがつらいと感じることもありますか?

【ワイルドモンキーさん】SNSであげてる漫画は、好き勝手に描いているので基本的につらいとは思いません。でも、たまに会心の出来の4コマ漫画をアップして、次の日フォロワーがごっそりいなくなる時は『どんだけオモロなかったんや!』と泣きそうにはなります。

――数字は目に見えますもんね。ところで、『ジャンプ 最強ギャグ漫画賞!』で佳作を受賞されたとのことですね。

【ワイルドモンキーさん】そうなんです。募集しているのをTwitterでたまたま見つけて、応募してみました。趣味や自己満足で描いていた漫画が、少しでも人に認められたと思って、めちゃくちゃ嬉しかったです。

――ひとつ階段を上った感じですね。ちなみに、今後の野望はありますか?

【ワイルドモンキーさん】SNSで漫画を発表しているのも楽しいのですが、やっぱりいつか紙の単行本を出したいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事