ドラマ『真夏の少年』美 少年の佐藤龍我、人生初のカラーリング「この番組にかけています」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャニーズJr.・美 少年の佐藤龍我が20日、東京・六本木のテレビ朝日で7月期金曜ナイトドラマ『真夏の少年~19452020』(31日スタート、毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)の取材に応じた。

【写真】共演する博多華丸、長谷川京子、水野美紀

 同ドラマは、“日本一雷が落ちる町”富室町(とみむろちょう)に暮らす高校生たちが、戦時下からタイムスリップしてきた軍人と出会ったことで始まるひと夏の成長の物語を描く。

 瀬名悟役を演じる佐藤のコメントは以下の通り。

【佐藤】“見掛け倒しトリオ”の1人・瀬名悟は、金髪でボンバーなヘアをしているんですが、性格はまっすぐで素直。そして意志が弱い、という役柄です。でも、三平さん(博多華丸)の言葉を受けて、少しずつ変わっていく姿を、皆さんに見てほしいなと思います。

――初めてのヤンキー役について

【佐藤】ずっと黒髪だったので、金髪にして自分でもガラッと印象が変わったなと思います。人生初のカラーリングでこんなに明るくしたんです。それくらい、この番組にかけています(笑)! 

――ヤンキーの勉強をする際、何を参考になさいましたか?

【佐藤】街でヤンキーを探そうとしたんですけど、ホントにいないんですよ! 映像や漫画を見たりもしたんですけど、主にネットで検索しました(笑)。『ヤンキー やり方』って。ポイントはやっぱり座り方とか、口の動かし方でした。ヤンキー座りは…痛いんですよ、足が(笑)。普段の生活にはまだ(ヤンキー感が)出てきてはいないので(笑)、今後も出ないように気を付けます。

――共演する先輩俳優の皆さんの印象は?

【佐藤】華丸さんをつかむシーンがあったんですが、遠慮していたら「もっとガシッとつかんでいいよ!」って言ってくださったんです。その言葉ですごくやりやすくなって、思いきってガッといけました。その時、やっぱり全力で演じなきゃダメなんだな、と思いました。

――タイムスリップするとしたらどの時代に行って何がしたい?

【佐藤】僕は未来に行きたいです。60年後とかに行って孫を見たい! 自分の孫を見て「あぁ、カワイイなぁ」って思って、こっそり帰ってきたいです(笑)。(岩崎大昇※崎=たつさき)から「未来に行ったら一人で寂しくご飯食べてたりして?」と言われ) それは一番イヤだよ! そんな未来はイヤだよ(笑)!

――6人揃って初めてのドラマ出演ですが、お気持ちは?

【佐藤】ドラマでは普段とは違う役を演じていて、それでコミュニケーションを取ったりするから、なんだかいつもと違う感じなんです。そういうのが新鮮でいいなぁ、と思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事