古舘伊知郎、辛坊治郎と初対面 『報ステ』&無観客『トーキングブルース』語る「僕には、しゃべることしかない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎が、27日放送のニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』(月~木 後3:30)に生出演。パーソナリティーの辛坊治郎と初対面を果たした。

【画像】6年ぶり『トーキングブルース』は無観客で開催

 登場前の番組冒頭では、辛坊が「初めて明かすことだけど」と断った上で「アナウンサーで、かなわないと思ったのが徳光和夫さんと古舘伊知郎さん」と告白。憧れの先輩を迎えるという事で、辛坊も高揚を隠せない状況で古館が登場し、おしゃべりな2人が互いを称賛するいう形で距離感をはかるかのようなジャブを打ち合うという展開となった。

 ニュースキャスター論になったところで、辛坊が「報道ステーション12年も良くやりましたね!?」と向けると、古舘は「辛坊さんを参考にして、こんなに知識もないし、俺は穏やかにやろうと思ったからね」と返答。辛坊が「自分の思想だけではない、いろんなところから、いろいろな声がとんでくる、それは視聴者だけではなく、古舘さんはテレビ局の中でもいろいろな事を言われていたはず」と推測した。

 これに対して、古舘は「消波ブロックになってくれた人には、本当に感謝。それでも聞こえてくるもの聞こえてくる。ただ、ある時、みんなオレに文句を言うことでスッキリしている事に気が付いた。それで『オレは文句を言われるためにやってるんだ』と思えるようになったから続けられた」と振り返った。

 最後に古館の恒例イベント『古舘伊知郎のトーキングブルース2020夏』の話題となり、辛坊が「これだけの実績があるのに、しゃべりの仕事、トーキングブルースを続けていることがすごい!」と絶賛。古舘は「僕には、しゃべることしかない。『人生は臨終までの暇つぶし』と考えているし、これしかないのであれば、しゃべることで少しでも楽しんでもらいたいし、少しでも何かの役に立ちたいと思っているだけ」と言葉に力を込めた。

 『トーキングブルース』は無観客でオンライン配信となるが、古舘は「65年間で初めての経験。お客さんと一緒に、作り上げるものなのに、そこにいないわけでそれをどうにかすることを考えることが、ここが今回のオレの喜び!」逆境を逆手にとって、意気込んでいた。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ライフ・カルチャー > オリコンニュースの記事
新着記事