小芝風花、『妖怪シェアハウス』放送開始に先駆け、衝撃の怨霊メイクを初公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月1日スタートのテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』(毎週土曜 後11:15~深0:05)で主演を務める小芝風花の衝撃的な怨霊メイクが、放送開始に先駆けてお披露目された。血の気の引いた顔で、目は見開き、目の周りは黒くくすんで髪はボサボサ…かわいらしさを封印して見事に化けている。

【動画】『妖怪シェアハウス』第1話予告

 同ドラマは、ダメ男だった元彼が原因で身も心もボロボロになっていたところ、妖怪たちが住むシェアハウスに行き着いたどん底気弱女子、目黒澪(小芝)が、超絶おせっかいな妖怪たちに振り回されつつも助けられながら、たくましく成長する姿を描くホラーコメディー。

 妖怪たちに囲まれ、その自由に生きる姿に感化されていく澪。その影響力は大きく、やがて澪自身も妖怪化していってしまう。早くもその兆しが第1話から見え隠れし、澪の姿にある変化が…。その手には包丁を握り、ただ事ではない緊張感が漂っている。

 これは、お金も仕事も住まいも失い、澪をどん底に突き落とした張本人である元彼・奥園健太郎に再び会った際の一幕。なぜ澪はこのような姿になってしまったのか、そしてなぜ包丁を握っているのか!? また、今後さらみ加速していくという澪の妖怪化にも注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事