『BEASTARS』板垣巴留氏、父は『バキ』作者 自伝的エッセイ漫画で思い出語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気漫画『BEASTARS』などで知られる板垣巴留氏の初の自伝的エッセイ漫画『パルノグラフィティ』の単行本が6日、発売された。

【写真】父娘が初対談!素顔を見せた?板垣恵介&板垣巴留

 『パルノグラフィティ』は、板垣巴留氏が板垣家の末っ子として、伸び伸びと育ててくれた母、いつでも穏やかな長女、流行大好きなギャルだった次女、自分が生まれる前から人気漫画『バキ』シリーズを描く漫画家の父・板垣恵介、優しくもどこか厳つかった祖父らと過ごした家庭環境や、学生時代の恋や友情にまつわる甘酸っぱい思い出の数々など、漫画家になるまでの印象的な出来事をつづったもの。

 今回の単行本化にあたって連載時の全エピソードに加えて、描きおろされたエピソードも収録しており、『週刊少年チャンピオン』で連載中の『BEASTARS』の秘話もある。

 板垣恵介と板垣巴留が親子だということは、2019年9月19日発売の『週刊少年チャンピオン』の対談で明かされたもので、「親娘誌上対面!!」と銘打たれ2人が実の父と娘であること判明した。

 なお、『BEASTARS』のコミックス第20巻も同日発売された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事